Humaniq - 分散型バンキング

Humaniqは非銀行利用者層を世界経済に簡単かつ迅速に結びつけることを注目して、ブロックチェーン上に構築された金融エコシステムです。 金融サービスとテクノロジーのスタートアップのためのコアプラットフォームであるブロックチェインバンク、パスポートと署名を置き換えるバイオメトリクス、株主の代わりにICOと分散所有権、第三者スタートアップの獲得と加速のための投資ファンドを組み合わせたものです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HMQ
開始日時
2017-04-06
終了日時
2017-04-27
調達金額
$5,163,000
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Humaniq?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

はじめに

Humaniqの働き、アプリやHMQのコインは、私たちが今まで見てきたモバイルウォレットや暗号通貨とどう違うのか? Blockchainをうまく活用し、銀行を持たない世界の人々に金融サービスを提供するという私たちの使命については、以下をご覧ください。

Humaniqのミッション

  • Humaniqは、皆が銀行取引を行い、多くの人にデジタル通貨を提供するために存在します。
  • Humaniqは21世紀の経済に参加する機会を持てなかった世界中の全ての人々に、参加の機会を開放したいと願っています。
  • Humaniqは、起業家に、現在金融サービスから除外されている人に対して、サービスを提供するための新たな機会を創造する事をめざしています。

チーム すべてを見る

Alex Fork
Alex Fork
Head of Humaniq
Dinis Guarda
Dinis Guarda
CEO and Co-Founder of Humaniq
Dmitry Kaminskiy
Dmitry Kaminskiy
Executive Chairman and Co-Founder
Zeeshan Mallick
Zeeshan Mallick
CMO
Derin Cag
Derin Cag
CDO
Serafima Semkina
Serafima Semkina
CAO

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常