HTMLCOIN - 仮想通貨とブロックチェーンイノベーションの標準を設定

HTMLCOIN財団は、世界中のすべてのコミュニティがブロックチェーンの経済革命に参加するよう奨励し、支援する意図で作成されました。 私たちは、テクノロジーで駆使された経済のすべての面に参加するために必要なツールとリソースには、誰もが平等にアクセスできる必要があると考えています。 私たちの使命は、人々にこれらのツールを提供するだけでなく、必要とするビジネスにつなげることです。 HTMLCOINは人々に力を与え、機会を創造することに関するものです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HTML
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of HTMLCOIN?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Htmlcoinは単なる暗号通貨ではなく、イーサリアムベースのスマートコントラクトを統合したBitcoin Coreをベースとした新しい安全なブロックチェーンです。 他のブロックチェーンプラットフォームよりも多くの仮想マシン(VM)を追加できる拡張可能な設計を実装しています。 Htmlcoinプラットフォームでは、アカウント抽象化レイヤを介して有効になるため、アカウントベースのVMをBitcoin UTXOベースのブロックチェーン上で機能させることができます。

HtmlcoinはICOではありません。複数のコイン、スマートコントラクト、および分散アプリケーション用のブロックチェーンプラットフォームに拡大しつつある確立された暗号コインです。 Htmlcoin Foundationは、ビットコインとイーサリアムの最高の特性に基づいて新しいブロックチェーンプラットフォームを設計しただけでなく、QTUMとARKなどのネットワークテクノロジスタックの優れた特性を含むように拡張し、Htmlcoin Foundationによって開発、サポート、および推進されています。 本質的には、Htmlcoinは暗号世界で最高かつ最も革新的な技術のいくつかのハイブリッドであり、業界のリーダーになる可能性を秘めた最高のコインとブロックチェーンのプラットフォームとなっています。

Htmlcoinはこの世界的な変化の主要な部分になることを意図しています。 2014年にHtmlcoinを生み出した献身的な開発チームとともに、Htmlcoinはグローバルな暗号通貨ブロックチェーン取引だけでなく、ブロックチェーンネットワークを教育およびすべての人に機会をもたらすためのリーダーとして確立することを計画しています。

ビジョン

私たちのビジョンは、ブロックチェーンを完全に受け入れた世界を見届けすることです。自撮りと同じくらい自由に人々がブロックチェーン技術を利用する世界。 これを実現するためには、ブロックチェーンとの人間の相互作用は革命を起こさなければならないと信じています。ブロックチェーンは、国籍や経済手段にかかわらず、使いやすく、意味のある、誰にでも利用しやすいものにする必要があります。 これを実現するためのツールとリソースを人々に提供する予定です。 Htmlcoinは人々に力を与えそして機会を創り出します。 最終的には、「人間化」ブロックチェーンを構想します。

目標と目的

経済

  • 支払いを容易にするツールとしてモバイル技術を利用する
  • さまざまなコミュニティでHtmlcoinを価値の保存として採用することを促進する
  • コインとHTMLブロックチェーンをすべての企業と人々が利用できるようにする

テクノロジー

  • 強力で安定した堅牢な暗号通貨を提供する
  • 健全なサポート基盤を構築し維持する
  • サードパーティ製のアプリケーション開発を奨励する

教育

  • Htmlcoinと暗号通貨について人々を教育する。
  • Html Blockchainの技術と応用に関する研究を推進する。
  • 人々が教育と技術のブロックチェーン証明書を入手できるプラットフォームを提供する
  • ブロックチェーンテクノロジに関する知識を学校、大学、およびトレーニングセンターと共有して、次世代のこのテクノロジの採用と適用を促進する

グローバルコミュニティ

  • 世界中でHtmlcoinコミュニティの発展を促進する
  • 金融界との良好な関係を確保し促進する
  • Htmlcoinに関する認識を主流に広める
  • スモールビジネスと大規模多国籍企業の両方が利用できる、アクセス可能な、低閾値ブロックチェーンプラットフォーム(テクニカルサポート付き)を提供する

ブロックチェーンを人間化する

  • ブロックチェーンを使いやすく、誰もがアクセスできるようにする
  • デジタルの可能性を活かすためにブロックチェーンを利用するように人々を教育し、支援し、そして奨励する

HtmlCoinの特徴

ダブルSHA-256

ビットコインと他のブロックチェーンを使用することによって、安全と証明された仮想ラップを提供します。

リアルタイムなチェックポイント

取引の履歴を51%攻撃から守り、改ざんできないようにメインチェーンのブロックハイト及びハッシュを公開します。

採掘速度を速める

120ブロック毎に短期、中期及び長期の平均採掘時間のサンプルを調節し、平均値を調整、25%の所要時間の減衰を結果に適用します。

ビットコインとイーサリアムのハイブリッド

ビットコインとイーサリアムのコードベースを両方使います。これはビットコインとEVM(イーサリアム仮想マシン)を兼ね備えたものです。

スマートコントラクト

交渉または契約の履行を促し、検証し、実行するプロトコル。

シンプルな支払いの承認

ライトウォレットからスマートコントラクトを実行します。

分散型のアプリケーション

HTMLコインは、ネットワークの機能を大幅に拡張し、スマートコントラクトを構築する為のコンピューティングネットワークと本格的で複合的なEVM(イーサリアム仮想マシン)アプリケーションを提供します。

アカウント抽象化レイヤー

ブロックチェーンとEVM(イーサリアム仮想マシン)の間にあるBitcoinのスクリプト言語への拡張により、以前には不可能だった環境において、分散型のアプリケーションとスマートコントラクトを実行できるようになりました。

ロードマップ

  • コーポレートアイデンティティの再構築:完成度90%
  • ウェブサイトの再開発:延期
  • スマートコントラクトEラーニングプログラム:完成度75%
  • アプリゲーム:完成度65%
  • 要約ホワイトペーパー:完成度85%
  • ソブリンマネー(P2P):完成度60%
  • 取引プラットフォームへのHRC-20トークンの導入:進行中
  • eコマースWordpressプラグイン:完成度30%
  • フリーランスプラットフォームiOS / Androidモバイルアプリケーション:完成度25%
  • 隔離された、脆弱な少数派のためのeラーニングプラットフォーム:完成度80%
  • 分散ストレージプラットフォームとフリーランサービジネスの繋がり:完成度10%
  • Htmlcoinビジネスプラットフォーム統合:完成度10%
  • QTUMテクノロジを使用して新しいHTMLCOINに交換する:完成度100%

ニュース

2018年9月7日、@SatoWalletとの新しいパートナーシップ

2019年2月9日、HTMLCOIN 2.3.0をリリース

2019年2月17日、BlockPayとのパートナーシップを正式に締結

人気STO/ICO記事

  • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

    日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32
  • 一目で丸わかり!仮想通貨取引所ランキング |手数料徹底比較

    ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料 ★★★★☆ 取引所 : Maker:-0.01%、Taker:0.05% ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日 ★★★☆☆ レバレッジ(ショート) : 0.04%/日★★★★★ 送金(btc) : 無料 ★★★★★ 送金(主要アルト) : 無料 ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料    ーーーーー 取引所 : ー ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日
  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数