HoToKeN - ショップやプロモーションのための検索プラットフォーム

HotNowは統合されたアプリ内プロモーションを提供するショップやプロモーションのための検索プラットフォームです。HotNowはAxion Venturesの子会社であり、成功したアジアのPCとモバイルゲームの開発者で、商人やブランドが近くの消費者に独占的なプロモーションを提供することを可能にします。Axion Gamesとの戦略的パートナーシップにより、モバイルプロモーション発見プラットフォームの顔をGamified Networkに革命化し、最も成功したジャンルを代表する宝探しや領土征服の概念を採用したミッションベースのゲーム機能を備えています。 これにより、アプリ内でより豊かで魅力的なユーザーエクスペリエンスが生まれ、ネットワーク内の各当事者にとって大きな経済的利益がもたらされます。消費者にとって、HoToKeN(HTKN)は、企業が提供できる最高の取引とプロモーションにトークンを付与するアクセスになります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HTKN
開始日時
2018-01-22
終了日時
2018-03-22
初回価格
1 HTKN = 0.10 USD
トークン供給数
3,000,000,000
公式サイトへ Owner of HoToKeN?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

HotNowプラットフォームは、SE Asiaの商人に費用対効果の高い有効性の高いマーケティングツールを提供し、加盟店はその価値剰余の一部を商品やサービスの消費者に移転するよう促します。ブロックチェーンとその周辺技術の影響を考えると、HotNowの不可避的な進化は、現在のリアルタイムマーケティングアプリとプラットフォームをトークン経済に拡大したことです。そのユニークなロケーションベースのサービス(LBS)はすでに利益を生み出し、パートナーのマーチャントに対する市場への露出を高め、ユーザーに価値あるコンテンツを提供します。プラットフォームは、厳密なオープンソースプロトコル、スマートコントラクト、および分散型データセンターおよび他の分散型(許可された)データ構造ソリューションにおける急速な発展を最大限に活用するネットワークになります。 HotNowは実績のあるビジネスモデルの次の進化の一環として、実用的なアクセストークン(ERC-20標準、記号:HTKN)とマイクロトランザクションに基づくゲーム化されたエコシステムに変わります。 HotNowトークン経済は、彼らが実行するすべての経済活動(HotNow生態系が成長し続けるバイヤーと売り手によって行われたすべての行動)に対して、参加者にHTKNを報酬として与えます。

HotNowは、 "フリーミアム"ビデオゲームや店のコンバージョン率を高め、消費者関与を高める他のゲームメカニックに見られるメカを重視し、エコシステムの創造に独自の方法を利用しています。他のイノベーションには、現金ベースのビジネスのための個別に調整されたロイヤルティプログラムと、商人が組織を創設し、共有ロイヤルティプログラムの作成や購買力の集約などの調整問題の解決を可能にするツールが含まれます。さらに、消費者の消費履歴データを深く分析することで、財務的な履歴がない個人の「クレジット・プロファイル」を作成して、これらの消費者がマイクロローンにアクセスできるようにすることができます。

チーム すべてを見る

J. Todd Bonner
J. Todd Bonner
Chairman
Nithinan Boonyawattanapisut
Nithinan Boonyawattanapisut
CEO & Founder
Prachya Gorpaisarn
Prachya Gorpaisarn
Chief Technology Officer
Varoon Aroonsit
Varoon Aroonsit
Chief Operating Officer
Ake Sukasem
Ake Sukasem
Marketing Manager
Christopher Jon Peter Bagguley
Christopher Jon Peter Bagguley
Chief Financial Officer

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。