BitClave - 分散型検索

顧客行動の記録からなる膨大な量のデータの保存と管理をブロックチェーンで可能に。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CAT
開始日時
2017-09-15
終了日時
2017-11-14
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of BitClave?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 1st hour - 15%
  • 1st day - 10%
  • 2-7 days - 7%
  • 8-30 days - 5%
  • 30-45 days - 2%
  • 46-60 days - 0%

概要

BitClaveはスマートコントラクトが仲介者の必要性をなくす、コミュニティがインターネットを使用する方法を変える世界を想定します。 私たちの主な目標は、スマートコントラクトに基づいて企業と顧客の関係の新しい標準を構築することです。

問題

大半の既存のマーケティングエコシステムは大手プレイヤーによって大きく左右されます。

オンライン広告の場合、企業は宣伝のために視聴者に到達するように、「仲介者」に多額の金額を支払わなければならない。しかし、プロモーションは多くの場合、混雑したバナーのスペースを詰まらせる他の多くの広告の中に置かれたり、誰かの迷惑メールボックスに入ることがあります。 企業はまたプロモーションのトラフィックが本物であることを保証できません。実際にすべての広告トラフィックのほぼ50%がボットによって生じられ、広告の目的がほぼ無くなります。

オフライン広告も同じです。プロモーションは大半製品を気にしない、または他の何かを注目する人に提供されます。

これらの効果がない対策は、オフラインでもオンラインでも、サービスバリューチェーン全体に悪影響を及ぼします。GoogleやFacebookなどの「仲介者」に支払う企業が増えれば増えるほど、消費者は製品に支払う金額が増えます。 企業はお金をなくす、消費者はより少ない価値のためお金を払うことになり、両方が損する。

ソリューション

消費者と企業を直接つなぐ分散型エコシステム。

上記の問題を解決するために、BitClaveは仲介者を排除するシステムを提案しています。 「仲介者」に支払う代わりに、企業は自動的に個人向けのサービスを消費者に直接提供します。

エコシステムの中に、消費者は自分のデータを管理し、スマートコントラクトを利用して小売業者の広告と分析サービスを選択できます。企業は視聴する傾向が強い視聴者に提供するだけでなく、消費者がプロモーションを視聴するため、お金を稼ぐことができます。

システムにより、ユーザーのプライバシーも向上します。 GoogleやFacebookなどの「無料」サービスはブローカーにユーザーデータを販売することがよくあります。 しかし、BitClaveエコシステムを導入することで、企業がプロモーションを直接消費者に販売するので、これはもはや懸念事項ではありません。

チーム すべてを見る

Alex Bessonov
Alex Bessonov
CEO
Patrick Tague
Patrick Tague
CTO
Emmanuel Owusu
Emmanuel Owusu
Chief Architect
Vasily Trofimchuk
Vasily Trofimchuk
Project Management
Yan Michalevsky
Yan Michalevsky
Security Architect
Andrey Shashlov
Andrey Shashlov
Core Developer

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[