HoToKeN - ショップやプロモーションのための検索プラットフォーム

HotNowは統合されたアプリ内プロモーションを提供するショップやプロモーションのための検索プラットフォームです。HotNowはAxion Venturesの子会社であり、成功したアジアのPCとモバイルゲームの開発者で、商人やブランドが近くの消費者に独占的なプロモーションを提供することを可能にします。Axion Gamesとの戦略的パートナーシップにより、モバイルプロモーション発見プラットフォームの顔をGamified Networkに革命化し、最も成功したジャンルを代表する宝探しや領土征服の概念を採用したミッションベースのゲーム機能を備えています。 これにより、アプリ内でより豊かで魅力的なユーザーエクスペリエンスが生まれ、ネットワーク内の各当事者にとって大きな経済的利益がもたらされます。消費者にとって、HoToKeN(HTKN)は、企業が提供できる最高の取引とプロモーションにトークンを付与するアクセスになります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HTKN
開始日時
2018-01-22
終了日時
2018-03-22
初回価格
1 HTKN = 0.10 USD
トークン供給数
3,000,000,000
公式サイトへ Owner of HoToKeN?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

HotNowプラットフォームは、SE Asiaの商人に費用対効果の高い有効性の高いマーケティングツールを提供し、加盟店はその価値剰余の一部を商品やサービスの消費者に移転するよう促します。ブロックチェーンとその周辺技術の影響を考えると、HotNowの不可避的な進化は、現在のリアルタイムマーケティングアプリとプラットフォームをトークン経済に拡大したことです。そのユニークなロケーションベースのサービス(LBS)はすでに利益を生み出し、パートナーのマーチャントに対する市場への露出を高め、ユーザーに価値あるコンテンツを提供します。プラットフォームは、厳密なオープンソースプロトコル、スマートコントラクト、および分散型データセンターおよび他の分散型(許可された)データ構造ソリューションにおける急速な発展を最大限に活用するネットワークになります。 HotNowは実績のあるビジネスモデルの次の進化の一環として、実用的なアクセストークン(ERC-20標準、記号:HTKN)とマイクロトランザクションに基づくゲーム化されたエコシステムに変わります。 HotNowトークン経済は、彼らが実行するすべての経済活動(HotNow生態系が成長し続けるバイヤーと売り手によって行われたすべての行動)に対して、参加者にHTKNを報酬として与えます。

HotNowは、 "フリーミアム"ビデオゲームや店のコンバージョン率を高め、消費者関与を高める他のゲームメカニックに見られるメカを重視し、エコシステムの創造に独自の方法を利用しています。他のイノベーションには、現金ベースのビジネスのための個別に調整されたロイヤルティプログラムと、商人が組織を創設し、共有ロイヤルティプログラムの作成や購買力の集約などの調整問題の解決を可能にするツールが含まれます。さらに、消費者の消費履歴データを深く分析することで、財務的な履歴がない個人の「クレジット・プロファイル」を作成して、これらの消費者がマイクロローンにアクセスできるようにすることができます。

チーム すべてを見る

J. Todd Bonner
J. Todd Bonner
Chairman
Nithinan Boonyawattanapisut
Nithinan Boonyawattanapisut
CEO & Founder
Prachya Gorpaisarn
Prachya Gorpaisarn
Chief Technology Officer
Varoon Aroonsit
Varoon Aroonsit
Chief Operating Officer
Ake Sukasem
Ake Sukasem
Marketing Manager
Christopher Jon Peter Bagguley
Christopher Jon Peter Bagguley
Chief Financial Officer

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常