Playkey - 分散型クラウドゲームプラットフォーム

PLAYKEYはP2Pやブロックチェーン技術に基づいて、ゲーマー向けに分散型クラウドゲームプラットフォームを導入する予定です。ハイエンドのPCやコンソールを購入することなく、インターネットに接続されたあらゆるデバイスを使用して、いつでもどこでもトップクラスのゲームを合理的な価格でゲーマーに提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PKT
開始日時
2017-10-01
終了日時
2017-10-25
トークン供給数
60,000,000
公式サイトへ Owner of Playkey ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

PLAYKEYとは?

Playkeyはクラウドゲームプラットフォームであり、ゲーマーは古いPCやMacで最高のゲームをプレイできます。 我々は、PLAYKEY.NET上で既にEMEAおよびCIS諸国で利用可能で、ロンドン、フランクフルト、アムステルダム、モスクワに拠点を置く100以上のNvidia Grid搭載サーバで毎月100万人のゲーマーが使用するゲーム技術の開発に4年を費やしました。 45人の経験豊富なR&Dスペシャリストのチームは、Ubisoft、Bethesda、Wargamingなどの大手ゲーム出版社と直接コラボレートし、大規模な欧州VCファンドの支援を受けています。

ゲームとプレイヤーの未来

ビデオ、音楽、その他のサービスに続いて、ゲームはクラウドに移行しています。ゲーマーにとって、クラウド・ゲームは、個人のゲーム・ハードウェア(PC /コンソール)を所有するよりも共有経済原理を利用するなら10倍安いです。 GPU、インターネット、低レイテンシストリーミングの開発により、パーソナルゲームハードウェアの需要が減少しました。実際、次世代のコンソールは、ハードウェアに基づく最後のコンソールになる可能性があります。

ゲームをクラウド技術に移行させることは避けられなくなりました。Steamプレーヤーの70%はGTA VのようなAAAタイトルを高解像度で再生することができず、プレーヤーの30%は古いPCでそのようなタイトルを実行することさえできません。クラウド・ゲームの需要は今後も増加するでしょう。最新世代のハードウェアに対する需要と、リソース集約型VR技術によるゲームからの要求の増加は、家庭用ハードウェアを使うカジュアルゲーマーにとってますます高価で非実用的になります。

業界のリーダーは、ゲームの将来はストリーミングであると予測しています。 Playkeyの使命は、分散化によって初期段階でクラウドゲーム革命を活用することです。

次のステップ - 世代を超えるクラウドゲームプラットフォーム

Playkeyは、P2Pとブロックチェーン技術に基づくクラウドゲームのエコシステムを構築することを目指しています。

  • 世界中の強力なコンピュータの所有者がコミュニティ内で団結し、クラウドゲームサービスプロバイダとして活動しています。

  • エコシステムの仮想通貨 - PKTトークン - ICO経由で発行されます。

  • マイニング・ゲーマーのスマートコントラクトで設定されたクラウド・ゲーム・サービス(SLA)で統一された高水準。

  • サービスとエコシステム開発を担当し、PKTトークンの発行者であるPlaykeyファンド。

すべての当事者は、Playkeyエコシステムに参加することで利益を得ます。

  • 採掘者は、仮想通貨のマイニングより、もっと効率的で、安定性が高く危険性の低い計算能力を活用するオプションを得ることができます。

  • ゲーマーは、再生に最適な最寄のサーバーを選択することができます。

  • ゲーム開発者と出版社は、顧客基盤を拡大します。

チーム すべてを見る

EGOR GURJEV
EGOR GURJEV
Co-founder, CEO of Playkey
ALEXEY LYKOV
ALEXEY LYKOV
Co-founder, CTO
VADIM ANDREEV
VADIM ANDREEV
Co-founder, Director of Game Strategy
ROMAN EPISHIN
ROMAN EPISHIN
Marketing Director
MAKSIM KUDYMOV
MAKSIM KUDYMOV
Product Manager
VLADIMIR SHESTAKOV
VLADIMIR SHESTAKOV
Development Team Leader

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )