Yumerium - ブロックチェーン, 報酬金性, オープンゲームプラットフォーム

コンテンツは王である。コミュニティが鍵となる。その基本原則に完全に基づいて作られたYumeriumは、PC、モバイル、VRを含むすべてのプラットフォームで仮想通貨とブロックチェーン技術を利用したゲームを公開し、宣伝するプラットフォームです。 Yumeriumの目標は、ゲーマーに遊び、勝ち、楽しんでもらうことを促すゲーム開発者の周りを回るエコシステムを作り出すことです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
YUM
開始日時
2018-05-24
終了日時
2018-10-10
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
20,000,000 USD
初回価格
1 YUM = 0.1 USD
トークン供給数
316,906,850
公式サイトへ Owner of Yumerium?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率39%
KYCKYC
参加不可地域USA, China
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 5/24 - 6/9 - 30%
  • 6/10 - 6/25 - 20%
  • 6/26 - 7/10 - 10%
  • 9/26 - 10/10 - 5%

概要

Yumeriumに参加する各ゲームには、YUMの最初の「Seeding Fund」が割り当てられ、新しいゲーマーがゲームに参加するようになります。 次に、ゲームをプレイ、共有、レビューすることによって、ゲームユーザーはYUMを獲得(または「発掘」)します。 YUMを持つゲーマーはゲームマネーを⽀払うためにYUMを使⽤します。

ゲーム開発者は、紹介ボーナスやエアドロップ/バウンティキャンペーンなどのマーケティングツールを使⽤して、ユーザーを引き付けて参加させるためのYUMを使⽤できます。

このように、Seed Fundは、ゲーム業界のすべての株主に利益をもたらす好循環を⽣み出します。YUMはYumeriumをサポートするすべてのゲームで使⽤でき、Yumeriumがサポートするゲームの数は、成⻑するにつれてますます増加します。

チーム すべてを見る

Mitch Liu
Mitch Liu
Advisor
Noriyuki Hirosue
Noriyuki Hirosue
Advisor
Kohei Ogawa
Kohei Ogawa
Advisor
Mathew Lee
Mathew Lee
Advisor
Suyong Park
Suyong Park
Advisor
Koji Sakamoto
Koji Sakamoto
Advisor

人気STO/ICO記事

  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、