Homni - 安全なデータ - 安全な未来

Homniは完全な匿名性を維持しながら個人コンテンツを商用化する能力を持つ通信セキュリティを提供することを目的としたブロックチェーンテクノロジーを使用する新しい分散型メッセンジャーです。 Homniを使用するには、電話番号も電子メールアドレスも個人情報を提供する必要はありません。 メッセンジャーシステムはメッセージのユーザまたは受信者のアイデンティティに関する情報を開示しないで、完全に匿名のままにすることができます。 したがって、アイデンティティやコンテンツの開示は不可能です。つまり、ユーザーはHomniの会話に関連するすべての反発から安全です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HOMNI
開始日時
2017-11-26
終了日時
2017-12-26
最低目標
30,000 USD
最高目標
10,000 ETH
初回価格
1 ETH = 3000 HOMNI
トークン供給数
60,000,000
公式サイトへ Owner of Homni?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Day 1 - 20%
  • Day 2-4 - 10%
  • Day 5-12 - 5%

概要

Homni Organizationの主な取り組みは、匿名性の可能性、分散システムがもたらす経済的、社会的変化の重要性に関するアイデアの普及など、ネットワークにおけるプライバシーの権利の主張です。

  • ネットワークにおけるプライバシーの権利、分散システムの価値の普及、および仮想通貨環境の開発を保護するための手段の実施。
  • Homniエコシステムへのさらなる統合のために、Homni仮想通貨の適用に関連するプロジェクトのサポートとプロモーション。

コミュニティメンバーは、Homni仮想通貨を使用して、商取引や金融取引を行うことができます。一方、新しいデジタル通貨の価値と需要を高めています。コンテンツとサービスの作成、仮想通貨の使用は、エコシステムのさらなる成長を促します。ユニークな機能がメッセンジャーに統合され、参加者とその積極的な使用の間のHomni仮想通貨の交換を促し、エコシステム自体への関与度を高めました。

チーム すべてを見る

Oleksandr Dolynskyi
Oleksandr Dolynskyi
Founder and CEO
Artem Lukashevich
Artem Lukashevich
Co-founder and CFO
Konstantin Chugalinskiy
Konstantin Chugalinskiy
Co-founder and CTO
Henry Cooper
Henry Cooper
Security Specialist
Sergey Smetanin
Sergey Smetanin
Senior Developer
Timur Savelyev
Timur Savelyev
Marketing Product Manager

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[