SISHUB - セキュリティインテリジェントシステム

高度に保護されたデータ共有、メッセージング、支払いトランザクションのための分散匿名のSTEEL ECOSYSTEMSTEEL ECOSYSTEMは、プライバシーを保護するブロックチェーンベースのテクノロジーソリューションです。SISHUBソリューションは、データを分散されたマナーでネットワーク上のさまざまなポイントを通過させ、メディエータや監督なしで個人情報の公開や個人データの共有を制御します 。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
STEEL
最低目標
5,000 ETH
最高目標
50,000 ETH
初回価格
1 ETH = 300,000 STEEL
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of SISHUB?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

完全な匿名性

ブロックチェーン分散化によるアイデンティティとデータトランザクションの安全性。

究極のプライバシー

安全なPGPエンドツーエンド暗号化により、のぞく目からデータを保護します。

優れたセキュリティ

膨大な数のデバイスにわたり、分散ネットワークによって可能になります。

ハイプロテクション

脆弱性や脅威の検出され、社内で開発されたウイルス対策で修正し、保護。

カスタマイズされたAPIソリューション

安全なAPIアウトソーシングオプションのソリューション全体のカスタマイズ。

報酬メカニズム

STEELトークン報酬メカニズムとICOの一部としてのSTEELトークンの発行

チーム すべてを見る

Artur Andonis
Artur Andonis
CEO & Co-founder
Vladimir Groshev
Vladimir Groshev
COO
Semion Tsitkilov
Semion Tsitkilov
CFO & Co-founder
Michael Lyabin
Michael Lyabin
CTO & Blockchain Developer
Pavel Krivenko
Pavel Krivenko
Strategic Planning
Gennady Vasilkovets
Gennady Vasilkovets
Net Developer

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。