Hero - 分散型ベッティングトークン

HEROはいまのオンラインベッティングの方法を根本的に変えます。 トークンを使用すると、イーサリアムブロックチェーン上でゲームに参加したり作成したりすることができます。 HEROの設計はすべての参加者に収入が流れて来るようなスキームを構築します。 透明な賭け方は、伝統的な「ディーラーは必ず勝てる」と言う論理を破壊します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
play
開始日時
2017-09-14
終了日時
2017-10-14
調達金額
51,737,500 play
最高目標
14,000,000 USD
トークン供給数
600,000,000
公式サイトへ Owner of Hero?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

挑戦

オンラインカジノ業界は何年もの間革新の欠如に悩まされました。 時間が経つにつれて、プレーヤーの条件は絶えず悪化しました:料金は上昇し、胴元に有利に働き、定期的に勝利する選手は利用禁止になります。

従来のギャンブルでは "運営側がいつも勝つ"。

心配無用のBET

トラストレスシステムとは、2つ以上の当事者が相互にやりとりし、お互いに契約を履行できるようにする仕組みです。したがって、トラストレスベッティングは、ギャンブルの提供者とのギャップを解決する:結果に影響を与える可能性のある仲介人および他の当事者を取り除き、自分自身を二重チェックし校正できるものにのみ依存します。これにより、腐敗、詐欺、不正のリスクが排除されます。 ブロックチェーンが問題を解決し、信頼関係に依存する必要はありません。

ただのアイデアじゃない

ほとんどのICOとトークンはアイデアを売るだけです。 HEROは違う。 HEROは現実の世界のエスポートベットプラットフォームherosphere.ggから現れました。 すでに200,000人を超えるユーザーが楽しんでいるherosphereはHEROトークンを実装する最初のプロバイダになります。

HEROのしくみ

HEROエコシステムは、ゲームプロバイダーとプレイヤーで構成されています。 誰もが参加したり、ゲームを作ったりすることができます。すべてのHEROトークン所有者はすべてのゲームの配当を受け取ることが保証されているため、コミュニティー全体の活動の増加から利益を得ます。 さらに、ゲームを作成するために努力した人はプロバイダーとして報酬を受け取ります。

誰が何を得る

トークンホルダー

すべてのトークン所有者は、配付されたすべての賞金プールの中で配当が保証されています。

プレーヤー

ゲームの勝者はそれぞれの賞金プールの一部を受け取ります。

ゲームプロバイダ

ゲームプロバイダーは、ゲームを作成し管理するための努力により報酬を受けています。

チーム すべてを見る

Paul Polterauer
Paul Polterauer
Co-Founder & CEO
Philip Peinsold
Philip Peinsold
Co-Founder & CTO
Bernhard Blaha
Bernhard Blaha
Co-Founder & COO
Andreas Petersson
Andreas Petersson
Lead Blockchain Developer
Vladan Vasic
Vladan Vasic
Senior Lead Developer
Jerome Rousselot
Jerome Rousselot
Smart Contract Developer

人気STO/ICO記事

  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )