HELIXHILLS - 分散サービス市場

HELIXHILLSサービスマーケットは、消費者、サービスプロバイダ、専門コンサルタントがビジネスパートナーの選択と取引の実行、タイムトラッキング、プロジェクト管理、適切な税金と手数料、検証済みユーザーへの即時貸付のプロセスを自動化するのに役立ちます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HILL
開始日時
2018-07-03
終了日時
2019-08-21
最低目標
2,000 ETH
最高目標
40,000 ETH
初回価格
0.1021 USD
トークン供給数
65,000,000
公式サイトへ Owner of HELIXHILLS?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率65%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

HELIXHILLS - 消費者、サービスプロバイダ、および専門コンサルタントがビジネスパートナーの選択および取引の締結のためのアルゴリズムを自動化し、対話時間を記録し、対応する料金を使用して関連当事者に請求するためのブロックチェーンインフラストラクチャの使用。

HELIXHILL(HILL)トークンは、地球上で最も要求されているリソース - 人々のプロのスキル - によって支えられている真のお金の価値です!

アクション

サービスコンシューマとプロバイダ間の簡単な協力は、ユーザがお互いを見つけ、売り手、買い手、そして必要であれば第三者との間で締結された多面的な協定を結ぶのを助ける一連の特殊なスマートコントラクトを通して達成されます。

エコシステム

スマートコントラクトが意図したとおりに使用されるシステムであり、トークンには、地球上で最も要求されているリソース、つまり人的資源によって確保された実質的なお金の価値があります。

スマートコントラクト

スマートコントラクトの利点は、その創造が主観的な概念の実行を表すものではなく、社会がその準備を整えているためにすでに起こっているべきことを具体化する最初のものになりたいという願望であるということです。

  • HELIXHILLSは従来なフリーランスサービスのマーケットや便利屋を注文するソースではありません
  • HELIXHILLSはFREELANCER、UPWORK、FIVERRなどのクローンではありません。
  • HELIXHILLSは、この場所で(領土的に)今こことここで、奉仕、援助、助言を得るために適用されます - 人々はHELIXHILLSを使うことによってお互いを助け合い、一緒にこの世界を良くします。

チーム

人気STO/ICO記事

  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
  • 一目で丸わかり!仮想通貨取引所ランキング |手数料徹底比較

    ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料 ★★★★☆ 取引所 : Maker:-0.01%、Taker:0.05% ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日 ★★★☆☆ レバレッジ(ショート) : 0.04%/日★★★★★ 送金(btc) : 無料 ★★★★★ 送金(主要アルト) : 無料 ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料    ーーーーー 取引所 : ー ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)