HELIXHILLSサービスマーケットは、消費者、サービスプロバイダ、専門コンサルタントがビジネスパートナーの選択と取引の実行、タイムトラッキング、プロジェクト管理、適切な税金と手数料、検証済みユーザーへの即時貸付のプロセスを自動化するのに役立ちます。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
HILL
開始日時
2018-07-03
終了日時
2019-08-21
最低目標
2,000 ETH
最高目標
40,000 ETH
初回価格
0.1021 USD
トークン供給数
65,000,000
公式サイトへ Owner of HELIXHILLS?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率65%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

HELIXHILLS - 消費者、サービスプロバイダ、および専門コンサルタントがビジネスパートナーの選択および取引の締結のためのアルゴリズムを自動化し、対話時間を記録し、対応する料金を使用して関連当事者に請求するためのブロックチェーンインフラストラクチャの使用。

HELIXHILL(HILL)トークンは、地球上で最も要求されているリソース - 人々のプロのスキル - によって支えられている真のお金の価値です!

アクション

サービスコンシューマとプロバイダ間の簡単な協力は、ユーザがお互いを見つけ、売り手、買い手、そして必要であれば第三者との間で締結された多面的な協定を結ぶのを助ける一連の特殊なスマートコントラクトを通して達成されます。

エコシステム

スマートコントラクトが意図したとおりに使用されるシステムであり、トークンには、地球上で最も要求されているリソース、つまり人的資源によって確保された実質的なお金の価値があります。

スマートコントラクト

スマートコントラクトの利点は、その創造が主観的な概念の実行を表すものではなく、社会がその準備を整えているためにすでに起こっているべきことを具体化する最初のものになりたいという願望であるということです。

  • HELIXHILLSは従来なフリーランスサービスのマーケットや便利屋を注文するソースではありません
  • HELIXHILLSはFREELANCER、UPWORK、FIVERRなどのクローンではありません。
  • HELIXHILLSは、この場所で(領土的に)今こことここで、奉仕、援助、助言を得るために適用されます - 人々はHELIXHILLSを使うことによってお互いを助け合い、一緒にこの世界を良くします。

チーム

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • 【7/13】世界ニュースまとめ - 財務省・金融庁・日銀がリブラの連絡会を設置か、個人情報流出のFacebookに制裁金5,400億円、バイナンスCEO「個人投資家の比率6割以上」、相場の主導は個人投資家

    暗号資産専門メディアCoinpostの報道で財務省・金融庁・日銀が共同で「リブラ」に関する連絡会を設置したことが分かった。リブラは20億人のFacebookユーザーを中心に急激な普及が予想されるが、マネーロンダリングや既存の金融システムに影響などの不透明な部分が多いため、必要に応じ会合を開き、対策などのさまざまな論点について議論する予定だ。参照元:<ins></ins>ブルームバーグによると13日(現地時間)バイナンスCEOは同メディアとのインタビューで、「今年の仮想通貨の価格上昇は機関投資家の参入の結果だという見方もあるが、バイナンスの取引高は約60%が個人投資家によるものだ」と述べ、ビッ
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・