HedgeTrade - 取引の未来

HedgeTradeは、世界最高のトレーダーが知識を共有するプラットフォームです。 トレーダーは、予測をスマートコントラクトベースのブループリントに投稿し、ユーザーがブループリントにアクセスするために購入またはロック解除できます。 ブループリントが正しい場合、トレーダーは報酬を受け取ります。それ以外の場合、ユーザーが返金されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
HEDG
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of HedgeTrade?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

予測市場は、長期的な予測と評価に大きな可能性を秘めています。 ブロックチェーン対応の予測市場は、契約の履行、操作に関連するボトルネックを軽減し、従来の予測市場よりも優れた透明性と紛争解決を提供します。 HedgeTradeプラットフォームは、実際の市場の洞察のための金銭的インセンティブと、人工知能の使用による市場操作を妨げる環境を作ります。 HedgeTradeは、個人が取引スキル、市場認識、取引収益性を向上できるようにする信頼と透明性に基づいたコミュニティの確立に努めています。

チーム

David Waslen
David Waslen
CEO & Co-Founder
Peter Danihel
Peter Danihel
Co-Founder
Frank Danihel
Frank Danihel
Director of Operations
Rhys Boulanger
Rhys Boulanger
Director of Marketing

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとは?

    株式投資型クラウドファンディングは、金融商品取引法の改正に伴って2015年5月から始まった新しい株式投資の手段です。実際には、2016年10月に初めて専用ライセンスが金融庁が発行され、が成立しているので、3年弱の運用期間になる比較的新たらしい金融商品になります。※いわゆる有価証券の取扱になるので、第一種金融商品取引業のライセンスが必要になります。これまで、ベンチャーキャピタルや一部のエンジェル投資家しか購入出来なかった未公開株をインターネット上で広く購入出来るようになる仕組みです。購入金額も数十万円からとなり、個人でも購入しやすい仕組みとなっています。非上場企業の株式ですので、該当企業が上場
  • TaoTaoがBinanceとの提携交渉の開始を正式発表

    昨日、リークされていたYahoo!JapanとBinanceの提携に関する報道があったが、グループ傘下にある暗号資産取引所・TaoTao社から提携交渉を開始したと正式に発表があった。今回公表されたのは、日本市場における戦略的提携に向けて交渉を開始することに合意した事までで、具体的な内容は明かされていない。参考:
  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規