Delphy - ブロックチェーン上に構築された予測市場

Delphyは、イーサリアム上に構築された分散型のモバイル&ソーシャル予測プラットフォームです。 Delphy Appは、モバイルデバイス上で動作する軽いイーサリアムノードです。 Delphyはオープンソースプロジェクトで、世界中から貢献されています。 人々が将来をよりよく予測できるように、群衆の知識、経験、知恵を活用することを目指します。集中型ネットワークでは、予測が変更され、市場価格が操作される可能性があります。 Delphyの分散ノードは透明性を保証し、結果が買収されることはありません。 プラットフォームは、世界中の経験豊かで新しいユーザーに予測市場へのアクセスを提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
DPY
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Delphy?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

1.ナチュラリーモバイル

スマートフォンは、Delphyのアプリケーションの発展にとって、好ましいプラットフォームです。 Delphy iOSとアンドロイドモバイルアプリは、Delphyプラットフォームと同時に起動し、ユーザーの利便性を高め、ユーザーのニーズを最大限に満たし、Ethereumの普及とエコシステムの発展を促進します。

2.カスタマイズが可能

同じイベントを使用して異なる好みのマーケットを作成することができ、各市場は異なる損失限度、預金、市場流動性、納期、オラクルおよび紛争調停のしくみを有し得ます。異なる好みを持つユーザーは、取引のために好みのマーケットを選択し、個人マーケットの創造と協力を実現することができます。

3.イベントフィルター

ユーザーにより作成されたイベントは、Delphyが提供している仮のイベントプールに入ります。このシステムは、国の指導者の暗殺または政府の転覆に関する予測など、違法または非倫理的な事柄を除外するためにデフォルトでイベントフィルターを提供します。 また、Delphyは、ユーザーが彼ら自身の国の法律、規制、エコシステムを遵守するための独自のイベントフィルタが作成可能なフィルターAPIも提供しています。

4.ソーシャル

Delphyモバイルアプリは社会の予測市場です。予測はソーシャルであり、Delphyはコメント、P2Pペイメント、P2Pメッセージング、OTCなどの特徴的な機能を備えており、ユーザは1つのプラットフォームで互いに交流することができます。

人気STO/ICO記事

  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し
  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7