GRAYLL - 自由、繁栄&富の創始のためのシンプルなアプリ

GRAYLLは分散型台帳技術、AIおよび機械学習が、指数関数的な利益を自動的に作成するアルゴリズム金融システムに適用され、シンプルなユーザーフレンドリーなモバイルおよびWebアプリケーションを介してアクセスできるようにします。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
GRX
開始日時
2019-04-01
終了日時
2019-09-30
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
35,000,000 USD
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
5,000,000,000
公式サイトへ Owner of GRAYLL?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームStellar
タイプStellar Asset
参加可能通貨XLM, BTC, LTC, ETH, Fiat
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Premium Sale - 40%
  • Pre ICO - 35%
  • Main Sale - 30%-5%

概要

あらゆる市場動向の中で指数関数的な利益を生み出すことができるアルゴリズムを含むスタート&ストップシステム。 ユーザーは投資や金融取引の経験や知識を持つ必要はありませんし、テクニカル分析やファンダメンタル分析に時間を費やす必要はありません。

アルゴリズムはいつでも開始することができ、自動利益通知システムがアルゴリズムのポジションをクローズすることを検討する時期をユーザーに警告します。 このアプリは、AI、機械学習、分散元帳テクノロジによって駆動されています。これにより、多数の取引および投資の問題に対してソリューションを実行できます。 AIは、人間の偏見やストレスを避け、意思決定を支援します。 GRAYLLは、Gmail、Instagram、その他のモバイル&ウェブアプリと同じくらい簡単に使えます。

チーム すべてを見る

Fernando de Menezes
Fernando de Menezes
Founder
Hemal Gandhi
Hemal Gandhi
Co-Founder
Akshay Arora
Akshay Arora
Co-Founder
Daniel Peter
Daniel Peter
Chief Developer
Francis Park
Francis Park
Localisation Specialist
Mark Geonhee Park
Mark Geonhee Park
Community Manager Korean & English

人気STO/ICO記事

  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • 新規ウォッチリストを追加する方法

    コイン相場ユーザーの皆様はウォッチリストを分けて使っていますか?私も長い間「お気に入り」というウォッチリストだけを使っていましたが、社内のほかの方々の使い方を見て色々と工夫してみたら、仮想通貨の管理がとても楽になりました。この経験から、新規ウォッチリストを追加する方法をぜひ皆様に共有したいと思い今回の記事を作成いたします。皆様も本記事を参考に新規ウォッチリストの追加して、仮想通貨の管理を最大に効率化してください。<ins></ins><ins></ins>以上、コイン相場アプリの新規ウォッチリストを追加する方法でした。使い方によっては仮想通貨の投資がとても楽になる機能です!色々とお試しください
  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し