Global Jobcoin - ブロックチェインの雇用市場

雇用者と従業員のためのグローバルジョブコイン。 雇用に関連するサービスを支払うための分散コイン。 Jobstodayはスイス、ドイツ、ポーランド、オーストリアの主要な雇用プラットフォームの1つです。 2014年以来市場に参入しており、昨年は500%の成長を遂げています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GJC
開始日時
2017-10-28
終了日時
2017-12-06
最高目標
200,000 ETH
トークン供給数
70,000,000
公式サイトへ Owner of Global Jobcoin ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - 20%
  • Day 1-2 - 20%
  • Day 3-4 - 10%
  • Day 5-6 - 2.5%

概要

Global Jobcoinは、雇用に関連するサービスを支払うためのERC20分散型トークンです。 イーサリアムブロックチェーンを使用して、世界中の雇用主と従業員のためにこのトークンを作成しています。Global Jobcoinは、スイス、ドイツ、オーストリア、ポーランドの求人情報プラットフォームで使用されます。Global Jobcoinは、世界中で事業を拡大するにつれて、世界中のプラットフォームでの支払いの基本的な選択肢となります。また、他のパートナーの求人ボードと提携し、Global Jobcoinをプラットフォームに統合しています。

クライアントと一緒に、実際のビジネスケースを定義しました。 2018年にこれらのユースケースはJobstodayプラットフォームに統合されます。

Jobstodayプラットフォームでのオンライン支払い

雇用者は、Global Jobcoinsを使用して、求人情報を支払うことができます。国際雇用者は、Global Jobcoinを使用して外貨両替費用を節約します。

フリーランサープラットフォーム

Jobstodayフリーランサープラットフォームは、2018年第24半期で開始されます。このプラットフォームのユーザーは、Global Jobcoinsを使用してフリーランサーサービスを検索、採用、および支払いすることができます。

フリーランサースマートコントラクト

顧客は、フリーランサーによってマイルストーンが達成された後、エッセー機能とエテリアムスマートコントラクトを使用して資金を確保することができます。クライアントは直観的なGUIを介して簡単にスマートコントラクトと対話できます。

雇用者の賞金

報酬は世界中の才能を引き付けるための実績のある方法でした。雇用者は、GJCの求人情報を申請者に提供したり、候補者を推薦するユーザーに奨励金を提供することができます。

チーム

Sanket Deshmukh
Sanket Deshmukh
Founder & CEO
Lukasz Ochnik
Lukasz Ochnik
Founder & CTO
Roberto Duran
Roberto Duran
Project Manager
Alicja Gazda
Alicja Gazda
Marketing Manager
Inga Nosek
Inga Nosek
Sales Manager
Anna Bakurova
Anna Bakurova
UX Designer & Developer

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ