Global Jobcoin - ブロックチェインの雇用市場

雇用者と従業員のためのグローバルジョブコイン。 雇用に関連するサービスを支払うための分散コイン。 Jobstodayはスイス、ドイツ、ポーランド、オーストリアの主要な雇用プラットフォームの1つです。 2014年以来市場に参入しており、昨年は500%の成長を遂げています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GJC
開始日時
2017-10-28
終了日時
2017-12-06
最高目標
200,000 ETH
トークン供給数
70,000,000
公式サイトへ Owner of Global Jobcoin ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - 20%
  • Day 1-2 - 20%
  • Day 3-4 - 10%
  • Day 5-6 - 2.5%

概要

Global Jobcoinは、雇用に関連するサービスを支払うためのERC20分散型トークンです。 イーサリアムブロックチェーンを使用して、世界中の雇用主と従業員のためにこのトークンを作成しています。Global Jobcoinは、スイス、ドイツ、オーストリア、ポーランドの求人情報プラットフォームで使用されます。Global Jobcoinは、世界中で事業を拡大するにつれて、世界中のプラットフォームでの支払いの基本的な選択肢となります。また、他のパートナーの求人ボードと提携し、Global Jobcoinをプラットフォームに統合しています。

クライアントと一緒に、実際のビジネスケースを定義しました。 2018年にこれらのユースケースはJobstodayプラットフォームに統合されます。

Jobstodayプラットフォームでのオンライン支払い

雇用者は、Global Jobcoinsを使用して、求人情報を支払うことができます。国際雇用者は、Global Jobcoinを使用して外貨両替費用を節約します。

フリーランサープラットフォーム

Jobstodayフリーランサープラットフォームは、2018年第24半期で開始されます。このプラットフォームのユーザーは、Global Jobcoinsを使用してフリーランサーサービスを検索、採用、および支払いすることができます。

フリーランサースマートコントラクト

顧客は、フリーランサーによってマイルストーンが達成された後、エッセー機能とエテリアムスマートコントラクトを使用して資金を確保することができます。クライアントは直観的なGUIを介して簡単にスマートコントラクトと対話できます。

雇用者の賞金

報酬は世界中の才能を引き付けるための実績のある方法でした。雇用者は、GJCの求人情報を申請者に提供したり、候補者を推薦するユーザーに奨励金を提供することができます。

チーム

Sanket Deshmukh
Sanket Deshmukh
Founder & CEO
Lukasz Ochnik
Lukasz Ochnik
Founder & CTO
Roberto Duran
Roberto Duran
Project Manager
Alicja Gazda
Alicja Gazda
Marketing Manager
Inga Nosek
Inga Nosek
Sales Manager
Anna Bakurova
Anna Bakurova
UX Designer & Developer

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常