Gemstraは、ソーシャルセールスの経済のためのブロックチェーン統合エコシステムです。Gemstra BOUTIQUESはブランドと売り手をソーシャルセールスで結ぶ当社の旗艦マーケットです。BOUTIQUESの成功は、小売商人がソーシャルセールスの経済に加わるための技術インフラストラクチャとして機能するブロックチェーンプラットフォームASTRAを構築することにつながりました。 GemstraはBOUTIQUESマーケットプレイスソフトウェアをオープンソースにし、Gemstra SDKを作成することで、あらゆる小売業者が簡単にソーシャルセールスチャネルをビジネスに追加できるようにします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GMS
開始日時
2018-10-01
終了日時
2018-11-30
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
18,000,000 USD
初回価格
1 GMS = 0.00385 USD
トークン供給数
6,400,000,000
公式サイトへ Owner of Gemstra?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ソーシャルセールスを解放する    ソーシャルセールスは驚異的な速度で成長しています。 年間180億ドル以上の世界市場が10%成長している現在、ソーシャル・セールスは将来最大のギグ経済になると見込まれています。 アムウェイやエイボンのような業界リーダーは、独立した売り手のチームに、自分が知っている人たちが愛する商品を分かち合うことで収入を得られるようにします。 世界中の1億2000万人がソーシャルメディアの恩恵を受けています。これはソーシャルメディアがこれまで以上に多くの人々を獲得するため、採用が加速しています。 ソーシャル・セールスは10年以内に1兆ドルを超えるペースに達していますが、この成長産業は完璧ではありません。

チーム すべてを見る

Jay Cheng
Jay Cheng
CEO
Joseph Lau
Joseph Lau
CRO
Kevin Gambill
Kevin Gambill
COO
Janelle Mitchell
Janelle Mitchell
CFO
David Odere
David Odere
CTO
James Kuo
James Kuo
President Epox International

人気STO/ICO記事

  • 【DMM Bitcoinとは】キャンペーン中に口座開設して1000円GETしよう!

    「ビットコイン」を含め、7種類もの仮想通貨取引が可能!14通貨ペアのレバレッジ取引が可能です!取引に必要な機能が集約されているのは勿論、レイアウトもオリジナル仕様にカスタムすることができます。何より、チャート機能の充実がトレーダー上級者に選ばれる所以でしょう。仮想通貨取引所では珍しい両建てでの取引が可能。レバレッジ取引では取扱いアルトコインの空売りが可能なことに加え、8つの注文方式を提供しています。[[DMMビットコインはアルトコインのレバレッジ取引に対応しています。ビットコインを含めた7種類の通貨(ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、ETC)に対応していますのは大きな魅力と言える
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他