FreelancerCoin - ブロックチェーンのフリーランニングプラットフォーム

FreelancerCoinは、ブロックチェーン技術と深い学習AIシステムを活用して、クライアントとフリーランサーに効率的な作業に自由と柔軟性を提供するオンラインのフリーランディングプラットフォームです。フリーランサーやクライアントが直面している実際の問題を解決することで、「9-5」から脱出し、不必要な制約なしに充実した仕事を創造する機会を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LAN
開始日時
2017-12-29
終了日時
2018-03-31
最低目標
500,000 LAN
最高目標
64,000,000 LAN
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of FreelancerCoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率80%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

CoinFreelancerCoinは、完全にイーサリアム上に構築され、フリーランサーとクライアントが安全かつ確実に協働するための革新的なアプローチを提供するオンラインのフリーランニングプラットフォームです。当然のことながら、これは、フリーランス者のためのクライアントによる潜在的なジョブのポスティングや、スマートコントラクトを設定する機能など、既存のプラットフォームで使用されていた標準機能を初期コイン・オファリング(ICO )トークンです。しかし、FreelanceCoinはブロックチェーンとAI技術を使用していくつかの目的を達成することを目指しています。

優れた成果を顧客に提供できる才能のあるフリーランサーの人材を輩出することに加えて、フリーランス業界全体を変革したいと考えています。 FreelancerCoinは、契約の最終的な結果において公正かつ平等な意見を両当事者に提供する様々な仕組みを通じて、クライアントとフリーライターとの関係のセキュリティと信頼を向上させることを目指しています。

また、信頼できるスタッフが自分のプロジェクトを管理して、アウトソーシングプロセスをはるかに簡単かつ短時間で済ませることができます。将来のクライアントを探しているフリーランサーのために、私たちの深く学習しているAIシステムは、プロジェクトに料金を請求することをお勧めします。

これらの目標を達成することによって、フリーランスの経済に共通する既存の問題を同時に解消し、プロセス全体をはるかに単純かつ信頼性の高いものにするために必要な解決策をフリーランサーとクライアントに提供したいと考えています。そうすることで、FreelancerCoinは、よく知られているプラ​​ットフォームで保持されている権限と制限を免れたいフリーランサー、クライアント、ステークホルダーのための最終的な国際的なフリーランス市場になります。

このホワイトペーパーでは、フリーランス業界の中で最も緊急の課題を検討し、FreelancerCoinがこれらの問題のそれぞれを効果的に解決する方法について説明します。競争上の優位性と提案されたロードマップを強調することで、読者が私たちの目標をよりよく理解できるようになることを願っています。私たちはまた、ICOに関するさまざまな詳細、様々なラウンドでの資金調達、FreelancerCoinが構築されている技術についても説明します。最後に、資金調達が成功すれば、FreelancerCoinの今後の計画を共有します。

チーム すべてを見る

Seungki Yeo Founder
Seungki Yeo Founder
Lead Developer
Joonhyun Jeong
Joonhyun Jeong
Freelance Developer
Omar Mhina
Omar Mhina
Marketing Lead
Ambriel Pouncy
Ambriel Pouncy
Community Manager
Anna Lach
Anna Lach
Advisor
Rolands Pupkevics
Rolands Pupkevics
Advisor

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗