FlowCom - 5Gを大衆に、そしてその先に

FlowCom社は、数十億ドル規模の広告業界からインスピレーションを得て、5Gと衛星インターネットを大衆に提供することを目的とした3者構成のアーキテクチャーを設計・実装します。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
FiG
開始日時
2021-03-20
終了日時
2021-06-27
トークン供給数
5,200,000
公式サイトへ Owner of FlowCom?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOTHERS
タイプOTHERS
参加可能通貨USD, Others
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

FlowCom社は、数十億ドル規模の広告業界からヒントを得て、5Gや衛星インターネットを大衆に提供することを目的とした3パーティ・アーキテクチャを設計・実装します。

第一者:5Gや衛星インターネット接続をその場で利用したいと考えているインターネットユーザー(サーファー)。

第二者:5Gベースの衛星インターネットサービスプロバイダー

第三者:サーファーの行動やインタラクションを、好みの商品やブランドに結びつけたいと考えるマーチャント。

チーム

Davis Bortins
Davis Bortins
Founder
Milan Resvide
Milan Resvide
Co-Founder
Lalit Bansal
Lalit Bansal
Advisor

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ