FlowCom - 5Gを大衆に、そしてその先に

FlowCom社は、数十億ドル規模の広告業界からインスピレーションを得て、5Gと衛星インターネットを大衆に提供することを目的とした3者構成のアーキテクチャーを設計・実装します。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
FiG
開始日時
2021-03-20
終了日時
2021-06-27
トークン供給数
5,200,000
公式サイトへ Owner of FlowCom?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOTHERS
タイプOTHERS
参加可能通貨USD, Others
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

FlowCom社は、数十億ドル規模の広告業界からヒントを得て、5Gや衛星インターネットを大衆に提供することを目的とした3パーティ・アーキテクチャを設計・実装します。

第一者:5Gや衛星インターネット接続をその場で利用したいと考えているインターネットユーザー(サーファー)。

第二者:5Gベースの衛星インターネットサービスプロバイダー

第三者:サーファーの行動やインタラクションを、好みの商品やブランドに結びつけたいと考えるマーチャント。

チーム

Davis Bortins
Davis Bortins
Founder
Milan Resvide
Milan Resvide
Co-Founder
Lalit Bansal
Lalit Bansal
Advisor

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元: