Fleta - 持続可能なDAppエコシステムのためのプラットフォーム

メインチェーンとは別にサブチェーンが存在し、メインチェーンの過負荷問題を解決し、開発者とユーザーの両方にとっての過剰な料金を削減する、独立したマルチチェーン構造を利用する、市場をリードするdAppプラットフォーム。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
Unknown
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Fleta?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

FLETAは新しいプラットフォームを構築するだけではありません。広範囲の技術革新および適用の多様な分野に焦点を合わせます。 FLETAのブロックチェーンネットワークは、DAppの独立性とスケーラビリティを向上させることで、本当の「分権化」を実現し、ブロックチェーンエコシステムの進歩に貢献するように設計されています。これまでにないタイプのブロックチェーンとして、FLETAはサービスの開発と提供においてより多くの自由と効率を可能にします。    ブロックチェーン技術の可能性を最大限に引き出すことを目標に、FLETAは画期的な製品を開発しました。    それはすべて、DAppごとに階層化されたチェーンでサブチェーンを配布する、独自のブロックチェーン構造から始まります。 Block Redesignにより、検証速度が速くなり、データ量が減少します。さらに、ブロック生成速度が低下し、ブロックあたりのトランザクション数が増えました。    FLETAは、各DAppに対してカスタマイズされたサブチェーンを作成する機能を提供し、そのトークンと資産のトランザクションを行うことができる。各DAppは独自のネットワークを介して実行され、独自のガバナンス、フロントエンド、およびバックエンド開発環境に基づいて個別に更新できます。    また、並列処理とオブザーバノードの即時確認により、高速なブロックトランザクションが可能になります。高いGAS価格とDAppの機能低下も解決されています。    マルチチェーン構造、パラレルシャーディング、新しいコンセンサスモデル(PoF)などの他の革新的なテクノロジは、現在のブロックチェーンエコシステムが直面している問題の解決に貢献しました。

チーム すべてを見る

Paul Park
Paul Park
CEO
Henry Hong
Henry Hong
COO
Peter J
Peter J
CFO
Scott Park
Scott Park
CTA/Director
Jason Kim
Jason Kim
Director
Gerrard Kim
Gerrard Kim
Director

人気STO/ICO記事

  • 【お知らせ】コインポイン公式キャラクターにあの人が就任!

    コインポインから嬉しいお知らせです!既にコイン相場内のバナーで、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、なんと、コインポインの公式キャラクターにお金の妖精ことポインさんに就任いただく運びとなりました!暗号資産(=仮想通貨)の業界で知らない人はいない有名人、最近では雑誌やテレビでも人気者の、あのポインさんです!運営サイト:そして、今回公式キャラクターに就任いただいサービスがこちら!です。簡単にご紹介しますと、は、普段のお買い物や娯楽などのサービス利用をこのサイト経由で利用するだけで、ビットコインを貰うことができるお得なお小遣いサイトです。「始めて聞いたゾ〜」という方は、下記の記事をご
  • Coincheck、7月16日よりお客様情報の追加登録を実施 - 仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基く措置

    暗号資産取引所、Coincheck社は7/9日、午後13時頃公式ブログ及びツイッターを通じ、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基づき、2019年7月16日よりお客様情報の追加登録を実施することを公表した。<ins></ins>個人のお客様:2019年7月16日〜2019年8月29日 法人のお客様:2019年7月下旬以降1. 国籍や職業などの属性情報2. 資産に関する情報3. お取引に関する情報 など参照元:<ins></ins>・・・・・
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー