Fleta - 持続可能なDAppエコシステムのためのプラットフォーム

メインチェーンとは別にサブチェーンが存在し、メインチェーンの過負荷問題を解決し、開発者とユーザーの両方にとっての過剰な料金を削減する、独立したマルチチェーン構造を利用する、市場をリードするdAppプラットフォーム。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
Unknown
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Fleta?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

FLETAは新しいプラットフォームを構築するだけではありません。広範囲の技術革新および適用の多様な分野に焦点を合わせます。 FLETAのブロックチェーンネットワークは、DAppの独立性とスケーラビリティを向上させることで、本当の「分権化」を実現し、ブロックチェーンエコシステムの進歩に貢献するように設計されています。これまでにないタイプのブロックチェーンとして、FLETAはサービスの開発と提供においてより多くの自由と効率を可能にします。    ブロックチェーン技術の可能性を最大限に引き出すことを目標に、FLETAは画期的な製品を開発しました。    それはすべて、DAppごとに階層化されたチェーンでサブチェーンを配布する、独自のブロックチェーン構造から始まります。 Block Redesignにより、検証速度が速くなり、データ量が減少します。さらに、ブロック生成速度が低下し、ブロックあたりのトランザクション数が増えました。    FLETAは、各DAppに対してカスタマイズされたサブチェーンを作成する機能を提供し、そのトークンと資産のトランザクションを行うことができる。各DAppは独自のネットワークを介して実行され、独自のガバナンス、フロントエンド、およびバックエンド開発環境に基づいて個別に更新できます。    また、並列処理とオブザーバノードの即時確認により、高速なブロックトランザクションが可能になります。高いGAS価格とDAppの機能低下も解決されています。    マルチチェーン構造、パラレルシャーディング、新しいコンセンサスモデル(PoF)などの他の革新的なテクノロジは、現在のブロックチェーンエコシステムが直面している問題の解決に貢献しました。

チーム すべてを見る

Paul Park
Paul Park
CEO
Henry Hong
Henry Hong
COO
Peter J
Peter J
CFO
Scott Park
Scott Park
CTA/Director
Jason Kim
Jason Kim
Director
Gerrard Kim
Gerrard Kim
Director

人気STO/ICO記事

  • 韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメント、独自のブロックチェーンプラットフォームを開発か

    韓国現地メディアによると、韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメント(BoA、東方神起、少女時代などを生みだした芸能事務所)が昨日、韓国で開かれた「Upbit開発者カンファレンス」で独自のブロックチェーンプラットフォームをリリースする計画があることを発表した。SMエンターテインメントはブロックチェーンが「仮想の世界」と「実物の世界」をつなぐいい道具として役割を果たすことができると判断した説明した。また、アーティストとファンがウィンウィン(win-win)できるモデルを作るために最善を尽くすと述べた。SMエンターテインメントの関係者は「ブロックチェーン事業を一緒にやっていく協力会社と話を進めて
  • 【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!取引所診断ツールをコイン相場がリリース

    早速試してみたい方はから仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っているのか自信がありますか?Googleで検索して、色んな記事を読んで比較してもどこが自分にあっているのか、どこがいいのか、さっぱり分からない。。取引所関連の記事はいっぱいあるけれど、アフィリエイト報酬が高い順で並んでいるだけという事も多いですよね。判断に困る、比較するのが手間だという方々のために国内最大の仮想通貨アプリ、コイ
  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数