FANTOM - 分散型エコシステムの将来

FANTOMは、既存のブロックチェーンテクノロジのスケーラビリティと確認時間の問題を解決する、世界初のDAGベースのスマートコントラクトプラットフォームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
FTM
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of FANTOM?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ブロックチェーン技術は、中央権限のないすべてのノードでコンセンサスを維持する方法を提供しています。しかし、このテクノロジは、リアルタイムのトランザクション決済とスケーラビリティの欠如といった基本的な問題に直面しています。改善されたコンセンサスアルゴリズムにもかかわらず、現在のブロックチェーン実装では、一度に1ブロックを同期させるノードを使用します。ブロックチェイン技術が多くの業界で広く使用されることを阻止する最大の要因の1つである確認時間が遅くなります。 CardanoやEOSなどの第3世代のSmart Contractプラットフォームが登場したにもかかわらず、スケーラビリティの問題は解決されていません。

これらの永続的な問題に対処するために、Directed Acyclic Graph(DAG)に基づく新しいモデルが開発されました。 IOTA、Byteball、Nano、Hashgraphなどの新しいプラットフォームは、現在のブロックチェーンのスケーラビリティを改善します。この新技術は、ノードがトランザクションを非同期に処理するため、無限のスケーラビリティを確保し、より多くのノードがネットワークに参加すると1秒間に数十万トランザクションを達成するため、リアルタイムトランザクションを保証します。しかし、これらのプラットフォームには、Ethereumのようなプラットフォームによって提供されるSmart Contract dAppインフラストラクチャが欠けています。

FANTOMは、既存の公開分散元帳技術のスケーラビリティの問題を解決する世界初のDAGベースのスマートコントラクトプラットフォームです。プラットフォームは、既存のDAGベースのプロトコルの改良版を使用することによって、従来のブロック台帳ベースのストレージインフラストラクチャとは区別されます。 FANTOMプラットフォームは、コンセンサスを維持するために「Lachesis Protocol」と呼ばれる新しいプロトコルを採用しています。 FANTOM OPERA Chainの上に構築されたアプリケーションは、即座の取引とすべてのユーザーのゼロ取引コストを享受します。

FANTOMの使命は、世界中のすべての取引機関との互換性を提供し、低コストでリアルタイム取引とデータ共有を可能にするエコシステムを構築することです。

チーム すべてを見る

Ahn Byung
Ahn Byung
CEO
Bob Tucker
Bob Tucker
COO
Sean Yunsung
Sean Yunsung
CFO
Issac Lee
Issac Lee
CIO
Joseph Jang
Joseph Jang
CSO
Jake Choi
Jake Choi
CMO

人気STO/ICO記事

  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)