Files.fm Library - ファイルの保存、共有、販売

Files.fmライブラリは、有用な無料および有料コンテンツ用のブロックチェーンベースのピアツーピアライブラリで、あらゆる種類の有用なファイルを公開および保存するための単一の場所を提供します。このプラットフォームを使用すると、だれでも価値があると思うファイルを公開できます。 これらのファイルは、オンラインのシーダーがない場合やメインサーバーがダウンした場合でも、高速なダウンロード速度とファイルへの連続するアクセスを確保するために、ハイブリッド分散ネットワークに保存されます。 ユーザーは、ファイルのアップロード、ソート、タグ付けなどの便利な作業のためにトークンを受け取ることができ、著作権で保護されたファイルを合法的に購入したり、専用記憶域を増やしたり、他のサービスと交換することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FFM
開始日時
2019-03-01
終了日時
2019-06-01
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
1,200,000,000
公式サイトへ Owner of Files.fm Library?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率12%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

既存のオンラインファイル共有サービスの分野では、3つの主な問題があります。違法ファイル共有のための非競争的な法的代替策、将来の世代のための不十分なデータ保存、およびファイル共有の自由使用制限。これらの問題の解決策として、Files.fmライブラリ(FFL)を作成したいと思います - 人々が便利にオンラインで著作権を使って便利なコンテンツを検索、アクセス、共有できるサービスを提供します。 FFLを作成することで、コミュニティでサポートされているP2Pネットワークの素晴らしい有用性を可能にし、それらの欠点を排除したいと考えています。インターネットユーザーが便利で無料または有料コンテンツに簡単かつ法的な方法でアクセスできるようにします。作者が彼らの作品に報われます。現在および将来のインターネットユーザーのためにデジタル遺産を保存するための有用な作業を行うことで、コミュニティメンバーが報酬を受け取ることを可能にします。スケーラブルなハイブリッド分散コミュニティ対応ストレージプラットフォーム。適切で実行可能なビジネスモデル、高速かつ小額の支払い、著作権の保存、有用な仕事、そして報酬の分配を可能にする、分散された透明な読み取り専用データベースとしてのブロックチェーン。 FFLの開発には、2008年に作成した既存のシステムFiles.fmクラウドストレージプラットフォームの技術基盤を使用し、今日まで継続的に改善しています。既存のシステムでは、ファイルの保存、共有、販売、公開、配布を一元管理しています。

チーム すべてを見る

Janis Viklis
Janis Viklis
CEO
Madara Paegle
Madara Paegle
CTO
Pauls Sondors
Pauls Sondors
CFO
Janis Lamsters
Janis Lamsters
COO
Anatoly Ressin
Anatoly Ressin
Smart Contracts
Janis Upmanis
Janis Upmanis
Senior Developer

人気STO/ICO記事

  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )