BitTorrent - BTT による分散型ファイル共有プロトコルのトークン化

BitTorrent (BTT) により、コンテンツ制作者がオーディエンスと繋がることができるようになります。また、仲介者を経由せずに制作者がデジタル通貨の獲得や支払いを行うこともできるようになります。TRON ブロックチェーンにピアツーピア接続する BitTorrent のネットワークで、1億人を超えるユーザーの皆様に新たな体験をお届けします。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
BTT
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
990,000,000,000
公式サイトへ Owner of BitTorrent?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

TRON FoundationとBitTorrent Foundationは、インターネット上の何億ものコンピュータ上でネットワーキング、帯域幅、ストレージの使用を中心としたトークンベースの経済を実現するために、BTTと呼ばれる新しい暗号トークンをBitTorrentプロトコルの拡張バージョンとともに導入しています。最初のエントリポイントは、既存のBitTorrentプロトコルにトークンベースの最適化を導入することです。これにより、現在のプロトコルでは評価されなくなったポイントを超えて、共有帯域幅とストレージの価値をネットワーク参加者が捉えることができます。私たちの長期的なビジョンは、現在のユースケースをはるかに超えるBitTorrentの使用を広げて、サードパーティのアプリ開発者に分散インフラストラクチャプラットフォームを提供し、他のユーザーが予備の資源を利用できるようにすることで消費者が継続的に自分のデバイスから少量の価値を引き出せるようにすることです。私たちのプロジェクトの最初のステップは、既存のBitTorrentスウォームの寿命を最適化し、寿命を延ばすために消費者が協力することを可能にする市場主導のメカニズムを作り出すことです。 BitTorrentの追加の拡張機能を使用して、分散型アプリケーション開発者が、これまでにない規模の分散型ネットワークストレージプラットフォームを構成している既存のBitTorrentクライアントによって提供されるインフラストラクチャを利用して新しいアプリケーションを起動する機会を得ます。

これらの新しいアプリは、すでに展開されているネットワークエンドポイントの非常に幅広いコレクションで構成される費用対効果の高いプラットフォームリソースへのアクセスと引き換えに、インセンティブ(BTT)をユーザーに提供することができます。インターネットの最先端にあるエンドポイントの位置は、ネット中立の敵対者が阻止することが極めて困難であることを開発者にさらにアピールします。最後に、消費者が貢献したコンピューティングリソースの価値を暗号化トークン内で捉えることができるということは、インターネットの消費者にとって、彼らの注意やクレジットカードとはまったく異なる、まったく新しいトランザクションメカニズムを生み出します。 BitTorrentは毎月1億人以上のアクティブユーザーと毎週何百万もの新たなインストールを行い、インターネット上で最大の分散コンピューティングエコシステムの1つをすでに管理しています。 BTTトークンとトランザクション処理を統合することで、私たちはBitTorrentの既存の限界に対処し、世界規模でコンピューティングリソースの価値を交換する真新しいボーダレスエコノミーを開きます。これは、10周年を迎えたオリジナルのBitcoinホワイトペーパーで中本聡が表明したビジョンの実現と拡張です。    トロン財団とビットトレント財団はシンガポール共和国に登録済み法人です。

BitTorrentプロトコル

BitTorrentは2001年にBram Cohenによって発明された先駆的な分散型通信プロトコルです。 ピアツーピアプロトコルとして、大規模で要求の高いファイルの転送を容易にし、信頼できる中央サーバーの必要性を排除します。 BitTorrentプロトコルを使用すると、クライアントソフトウェアエンドポイント(「クライアント」)が互いに連携し、複数のクライアントに大きなファイルを確実に同時に配布できるようになり、単一の弱点(サーバー接続など)への依存を減らすことができます。 これは、すべてのクライアント間でピアツーピアコンテンツ配信のバランスをとるために、すべてのクライアントのアップロードおよびダウンロードの帯域幅を効率的に使用することによって行われます。

BitTorrentのエコシステム

BitTorrentプロトコルを管理しているBitTorrent Inc.は、最も人気のある2つのBitTorrentクライアントであるBitTorrentとµTorrent( "uTorrent")を作りました。 オープンプロトコルは、何十もの独立したクライアントを作るのにも使われてきました、そしてそれらのクライアントを維持する会社とボランティアの間で健全に競争しています。

独立したBitTorrentインフラストラクチャプロバイダは、ピアを紹介するトラッカーや、ファイルのメタデータをインデックス化して関連するトレントへのアクセスを提供するトレントサイトなど、追加のサービスを提供しています。

BitTorrentと分散アプリケーション

10年以上にわたり、BitTorrent Inc.は分散アプリケーションを模索してきました。分散メッセージング、BitTorrentベースのCDN、ピアツーピアライブビデオストリーミングとファイル同期、分散ウェブサイトホスティングなどのサービスを提供することを目的として、BitTorrentプロトコルの適応とまったく新しいプロトコルの作成の両方を調査しました。

最近のブロックチェーン技術の出現は、達成可能なもののパラダイムを変えました。多くの新しい分散型プロトコルの提案は今後の野心的な技術的な道を示唆していますが、ほとんどすべては分散システムの技術的な核心である臨界質量を構築するという大きな課題に立ち向かう方法について沈黙しています。一部のプロジェクトでは、既存のユーザーベースに暗号化トークンを導入することによってこの課題に取り組んでいます。ただし、これらのプロジェクトには、多様な経済的利益を効果的かつ大規模にバランスさせるプロトコルを設計するというBitTorrentの経験がありません。

BitTorrentエコシステムは臨界質量があり、BitTorrent Inc.はブロックチェーンによってもたらされる可能性を利用するために必要なプロトコルエンジニアリングの専門知識を持っています。ブロックチェーンテクノロジをBitTorrentエコシステムに統合することで、開発者は既存のエコシステムの上に新しい分散アプリケーションを作成できます。したがって、BitTorrentは、差し迫った分散型Webのインフラストラクチャを構築するのに最適なエンティティです。

プロジェクト概要

分散インフラストラクチャサービスの経済を実現するために、BitTorrentプロトコルを拡張し、新しいトークンBTTを導入します。 BTTエコノミーでは、エンドユーザーはトークンと引き換えに少しずつインフラストラクチャサービスを提供できます。ブロックチェーンソリューションは、予想需要を満たすように拡張する交換媒介と価値の保存を提供します。

BitTorrent Speedの発表により、現在のBitTorrentプロトコルの非効率性を排除し、プラットフォームの導入を加速します。これは基盤技術に強い魅力を与えるだけでなく、トークンの存在、ユーザーエクスペリエンス、および経済学についての幅広い知識を提供します。 Speedの導入は、大規模な設置ベースでインフラストラクチャサービスを少しずつ提供するためにブロックチェーンベースの報酬を使用することの有効性も証明します。

並行して、サードパーティの開発者と共同で、既存のBitTorrentテクノロジの基盤であるネットワーキングおよびストレージプリミティブに基づいて、分散インフラストラクチャサービス用のAPIおよびマーケットプレイスを作成および推進します。また、既存のBitTorrentエコシステム以外にも、サードパーティのパブリッシャーやアプリ開発者と共同で、消費者が自分のトークンを使用できるサービスについても取り組んでいきます。

最終的には、何億ものエンドユーザーが技術リソースから少量の価値を引き出す堅牢な手段を備え、その価値を商品やサービスに費やすことができるようになります。

BitTorrentトークン(BTT)とブロックチェーン

BitTorrent Inc.はBitTorrentトークン(BTT)と呼ばれるTRON TRC-10暗号トークンを導入しています。 BTTは、BitTorrentクライアントとサービスリクエスタおよびサービスプロバイダの流動的な市場との間で共有されるコンピューティングリソースを交換するための汎用メカニズムとして機能します。 BTTは、BTT対応のBitTorrentエコシステムでサービスを提供するためのトランザクションを表す単位です。 それは分割可能なトークンとして利用可能になり、詳細な価格設定が可能になります。

予想される量のために、すべてのトランザクションでパブリックTRONブロックチェーンを直接使用することは不可能です。 そのため、BitTorrent Inc.は「オンチェーン/オフチェーン交換」を展開します。この交換により、高性能のプライベート元帳と公共のTRONブロックチェーン間でのトークンの転送が可能になります。

BitTorrent Speed TMの紹介

私たちは、BitTorrent Speedと呼ばれる新しいBitTorrent機能を開発しています。 この機能により、ピアは完全ダウンロードが完了した後もファイルをシードし続けるように他の暗号トークンのインセンティブを互いに提供することができます。

明確にするために、BitTorrentは現在うまく機能しています。 この最適化で提案されたものはプロトコルの機能を変更しないし、そしてプロトコルのユーザは使用の中断を経験することがありません。 追加は単に現在のプロトコルの上にオーバーレイをすることで、既存のBitTorrentスウォーム参加者がダウンロードのためのファイルの継続的な可用性を保証する代わりにトークンを交換することを可能にします。

チーム

人気STO/ICO記事

  • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

    10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部