Fabric Token - アイデアをDAppsに変わる

Fabric Tokenのエコシステムは、シンプルなユーザーインターフェイスとコンピュータが理解できる言語の間に橋渡しをすることで、ブロックチェーンテクノロジと基本的なスマートコントラクトを採用する人々やビジネスを支援することを目的としています。 個人向けに、トークンと募金活動のためのスマートコントラクトを簡単に作成できるWebアプリケーションであるTokenGen(すぐに公開予定)を開発しました。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FT
開始日時
2018-01-15
終了日時
2018-03-01
最高目標
9,000,000 USD
トークン供給数
80,000,000
公式サイトへ Owner of Fabric Token?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率80%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

現時点では、ほとんどの仮想通貨の基盤となるブロックチェーン技術により、スマートコントラクトを介して分散された非媒介の方法でオンライン操作の自動処理が可能になります。スマートコントラクトは、速度、セキュリティ、コストの面でオンラインの関係の現在の効率を簡単かつ驚異的に改善し、同時に複雑さを軽減することができます。しかしながら、ブロックチェーン技術とスマートコントラクトを採用することは、理解可能性、資源配分、スマートコントラクト開発などのいくつかの不可欠な問題のため、現在、困難な課題です。ここで提案されているソリューションは、ユーザーと企業がブロックチェーン技術とスマートコントラクトを簡単に採用できるようにするファブリックトークンエコシステムであり、4つの主要コンポーネントで構成されます。

最初のコンポーネントは、Fabricトークン自体です。これは、エコシステム内の製品やサービスを支払うための機能的なユーティリティとして使用されます。 2番目はトークン経済のためのスマートコントラクトを生成するために使用されるユーザーフレンドリーなプラットフォームであるTokenGenです。 3つ目はDApp Workbenchで、ブロックチェーン技術とスマートコントラクトをビジネスプロセス管理に統合しようとする企業にとってオールインワンのソリューションです。最後のコンポーネントは、サードパーティの開発者がFabricトークンエコシステムの機能範囲をさらに拡大できるようにするスマートコントラクトコンポーネントの分散型市場であるFabric Storeです。

Fabricトークンとその関連技術は、ブロックチェーンとスマートコントラクトの将来の主流採用の基本的な部分であり、最終的にどのような手段や背景の人々も分散した世界の構築に参加することができます。

チーム

Nikolay Nikov
Nikolay Nikov
Vision, Strategy, Back-End Development, CEO
Marin Ivanov
Marin Ivanov
Software & Smart Contract Development, DevOps, CTO
Doncho Karaivanov
Doncho Karaivanov
Marketing, Content, Design, Front-End & Smart Contract Development, COO

人気ICO記事

  • 【エアドロップQ】Bittech(BTECH)の基本情報おさらい

    はじめまして、最近『Airdrop』に興味を持ち始めている"もっちゃん"と申します。 普段は のライターをやっています。前回は  について記事を書かせていただきました。皆さんはもうYumerium(YUM)のトークンはもらいましたか?僕はちゃんとクイズに答えてもらいました..!あれから2週間経ちましたが、新しいエアドロップQコンテンツが始まるので紹介します。 コイン相場が運営している『エアドロップQ』ではので、諦めずにクイズに挑戦し続けることでトークンをもらうことができます(※時間制限・配布上限あり) 下記URLからエアドロップQの参加方法が分かるので確認してみてください...!【エ
  • 【API連携】CoinEx/コインイーエックスのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。API取得時とアプリに貼り付け時のIPアドレスが違う場合はアプリで認証されない場合があります。その場合、下記の「API
  • 【7月2週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報

    BigONEとFCoinがマイニングを再開したことに加え、CoinExの取引所マイニング(コイン相場の機能では「ハミングバード」と命名)をスタートしました。さらにマイニングスピードと安定性も向上させました。マーケットページは、通貨の分類と主要通貨の情報が豊富になりました。マーケットページだけで市場の最新動向を十分に理解することができます。