Eticket4 - ブロックチェーンに基づく二次チケット市場

Eticket4は、2015年にイスラエルの起業家によって開発された国際的な二次チケットプラットフォームです。強力な分析ツールと自動化された柔軟なロイヤルティプログラムを備えた最も安全なブロックチェーンベースのP2Pイベントチケット配布および交換プラットフォームになることを目指します。 忠実な顧客または仮想通貨投資家またはその両方であるトークンホルダーは、注文合計の100%までをカバーすることができます。 (ii)トークンは、より良い取引のために高度な分析ツールにアクセスするためにリセラーによって使用されることもできる。 (iii)ET4の支払いのコミッションは15倍低い。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
ET4
開始日時
2018-03-05
最高目標
13,800 ETH
トークン供給数
13,800,000
公式サイトへ Owner of Eticket4?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率46%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Eticket4は、2015年にイスラエルの起業家によって開発された国際的な二次発券プラットフォームです。2018年の第4四半期に、Eticket4はブロックチェーンベースの機能とET4仮想トークンに基づく新しいロイヤルティ報酬システムを導入しています。

Eticket4エコシステムでは、投資家がET4トークンレートの長期的な成長に関心のある主体です。投資家は、プラットフォーム参加者、イベント主催者、チケットブローカー、チケット購入者の役割を果たすこともできます。

バイヤーはチケット価格の100%までをトークンでカバーすることができます。 Eticket4プラットフォームでは、トークンを使用する場合は2%の手数料が必要となり、現金を使用する場合は30%となります。各取引から、マイナーに支払う1%は請求され、もう1%はプラットフォーム開発または宝くじ基金のいずれかになります。顧客は、ベストマッチ結果予測のためにET4トークンを報酬を受けられます。チケットがうまく使用されると、バイヤーはトークンで10%のキャッシュバックを受け取ります。ワールドカップのチケットでは、トークンのキャッシュバック量は20%です。

チケットブローカーは、1,000以上のトークンのバランスを取って、高度な分析ツールとチケット価格予測機能にアクセスします。支払いとしてET4トークンを受け取ったチケットブローカーは、現金化のために、いつでも仮想通貨取引所またはEticket4の内部取引所で20%手数料でET4を売却することができます。

10,000 ET4以上の残高を持つイベント主催者は、Eticket4プラットフォームを介して発行されたチケットの価格設定と数量制限などのスマートコントラクトを通じて、セカンダリチケット取引を委託することができます。 ソーシャルメディア活動の報酬キャンペーン、イベント会場でのチェックインおよびレビューを開始するには、主催者は義務の履行を保証するためのトークンを準備しなければなりません。

チーム

Daniil Kruchinin
Daniil Kruchinin
Co-Founder/Marketing
Dmitry Fedorovich
Dmitry Fedorovich
Co-Founder/Chief Developer

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO