Ethermon - イーサリアムベースのブロックチェーンゲームの1つ

マスターするための最高のPlay-to-Earnマルチバースゲーム200以上のデジタルMon#NFTで収集、トレーニング、戦闘、探索を行います。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
EMON
開始日時
2021-05-18
終了日時
2021-05-18
最高目標
200,000 USD
初回価格
0.10 USD
トークン供給数
2,000,000
公式サイトへ Owner of Ethermon?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC-20
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

イーサリアムは、インタラクティブな非代替トークン(NFT)を作成した最初のイーサリアムベースのブロックチェーンゲームの1つであり、プレーヤーがゲーム内の仮想アセットを所有、改善、使用、および利益を得ることができます。もともとエーテルとして起動E 2017年に月、現在のバージョンアップは、最も専用のプレーヤーと拡張チームによって2019年にリニューアルされました。

イーサモンのゲーム体験の世界は急速に拡大し続けています—ゲームの未来は分散化され、クロスプラットフォームであり、プレイヤーが所有しているという信念に駆り立てられています。

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ