MIXMARVEL - ブロックチェーンを搭載したグローバルゲームパブリッシングプラットフォーム

世界中のプレーヤーや開発者によって作成された大規模な仮想3D世界。 MIXMARVELでは、ゲーム開発者が2つのコアテクノロジーを通じてこのプラットフォーム上でブロックチェーンゲームを迅速にリリースできるように支援します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
MIX
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of MIXMARVEL?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

集中ゲームプロジェクトがすぐに広大なブロックチェーンゲームの世界でスターになることを可能にしましょう。

MIXMARVEL SDKを使用すると、集中型ゲームプロジェクトの分散化、アカウントの管理、ウォレットとトランザクション、予測、および実績の設定などが簡単に行えます。

もっと素晴らしいものにするために多くの優れたブロックチェーンゲームを手助け

Rocket Protocol 2.0のLAYER2テクノロジに基づいて、より多くのゲームがさまざまなパブリックチェーン上でスムーズに実行できるようになり、移行の問題が解消され、コストが大幅に削減されます。より速く改善されたブロックチェーン環境をお楽しみください。 RocketプロトコルはブロックチェーンゲームのTPSの問題を解決することができ、開発者はゲーム品質の向上に集中することができます。

新しい世界であなたがプレイしたゲームで手に入れたデジタル資産を生まれ変わらせましょう

私たちのMIXMARVELプロトコルを通じて、プラットフォーム上のゲーム内デジタル資産はすべてオープンで再利用可能です。 MIXMARVELでは、どのゲームをプレイしても、デジタル通貨とアイテムはプラットフォーム全体で一貫しています。あなたは自由にゲームでそれらを使用、または交換することができます。 NFT契約に応じて、さまざまなゲームのデジタルアセットがMIXMARVELの新しいイメージと機能を獲得し、ユーザーが人気のあるデジタルアセットを作成し、アセットを新しいトラフィック増加の方法にし、より本質的な価値を高める手助けをします。

チーム

Jade Zhang
Jade Zhang
CEO
Leo Yang
Leo Yang
CPO
Nep Yan
Nep Yan
CTO
Yiyi He
Yiyi He
CMO

人気STO/ICO記事

  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他