Eqwity - STO市場に参入するための最も簡単な方法

Eqwityで我々は、すべてのサービスを、集約標準化やデジタル化分権生態系への感謝をSTO市場に参入するための最も簡単な方法を構築しています。我々としても、「STOプラス」、2イン1つのパッケージに準拠したセキュリティトークンなどのユーティリティトークンに権利を与える新しいハイブリッドモデルをご紹介します。この改善は、以前ユーティリティトークンが提供する「サービスへのアクセス」の概念を持ち帰ることを目指しています。最後に、全体のエコシステムは、そのライフサイクル(インキュベーション、コンプライアンス、資金調達、上場および取引)の各マイルストーンでblockchain企業を支援するために形作られています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
EQY
開始日時
2018-11-17
終了日時
2019-03-30
最低目標
6,000,000 USD
最高目標
16,000,000 USD
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
3,125,000,000
公式サイトへ Owner of Eqwity?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEOS
タイプEOS
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, ETC, BCH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Private Sale - 50%
  • Pre-Sale - 30%
  • Public Sale (1st week) - 20%
  • Public Sale (2nd week) - 10%
  • Public Sale (3rd week) - 5%
  • Public Sale (Last week) - 0%

概要

Eqwityでは、資金調達/ ICO市場の問題、分散化された企業統治、および企業の株式と取引に重点を置くことによって、業界のスマートな規制を促進するためのエコシステムを提供することを目指しています。

ブロックチェーン愛好家として、私たちは自主規制による分散化を信じています。

そのため、成長に影響を与えることなく、投資家やプロジェクト創設者にとってより安全な責任ある市場を構築するためのイニシアチブに参加するようコミュニティを推進しています。

EQYエコシステムには、さまざまなプロジェクトフェーズで展開されるソリューションにリンクされた新しい概念が含まれています。第1段階では、現在のバージョンの主要な機能不全を修正する新しいICO規格を紹介します。第2段階では、投資家が自分の意見を吐露することによって、ブロックチェーン会社のガバナンスを分散化するための最初のプラットフォームを紹介します。同じフェーズで、会社の株式のトークン化と取引に特化した最初の分散型取引所が開始されます。最後に、最後のフェーズでは、ブロックチェーンのスタートアップが実行可能なプロジェクトに到達して資金調達段階を準備するのを支援することを目的とした最初のインキュベーターが誕生します。

チーム すべてを見る

Daniel Vieira
Daniel Vieira
CEO
Laurent Garrouste
Laurent Garrouste
COO
Victor Pereira
Victor Pereira
CTO
Laetitia Berthet
Laetitia Berthet
CMO
Nicholas Ngac
Nicholas Ngac
CPO
Roman Melis
Roman Melis
PR & Community Manager

人気STO/ICO記事

  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表