Mobuは証券トークンをローンチするエンドツーエンドのソリューションです。 MOBUは、SECとKYC / AML、独自の新しいエスクローなどのすべての規制に準拠し、より競争力のあるICOサービス価格設定環境を作成するために、投資家とICO発行者の両方を保護するための独自のMOB20標準プロトコルを実装するエコシステムです。 サービスプロバイダー向けのMOBUトークンに対する「ロックアップ」ユーティリティーが導入され、プラットフォーム上の準拠プロバイダーになります。 各サービスプロバイダは、MOBUのサービスプロバイダーである限り、アクセスできない特定の数のMOBUトークンを差し出します。

ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
MOBU
開始日時
2018-09-01
終了日時
2019-01-31
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
35,000,000 USD
初回価格
1 MOBU = 0.15 USD
トークン供給数
350,000,000
公式サイトへ Owner of MOBU?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, Fiat
供給率100%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Round 1 - 25%
  • Round 2 - 20-0%

概要

証券市場におけるMOBUの関連性

証券市場は、数千兆ドル規模のアリーナで、ブロックチェーン界にはほとんど触れられていません。統合された、自己制御プラットフォームを通じて、広大な可能性を広げることを想像してみてください。 MOBUは市場における強力な成長分野をターゲットにしており、同様にMOBUプラットフォームが成長し、進化し、発展するでしょう。 MOBUは分散型の組織化されたICOプラットフォームを提供し、ブロックチェーン空間での準拠セキュリティトークンのリリースを容易にします。 MOBUは企業がグローバルなセキュリティトークン市場に準拠した使いやすい方法でエンドツーエンドのソリューションを提供します。 ETHアドレスをKYC / AMLなどでユーザーにリンクする規制上の友好なトークンは、機関の資金をブロックチェーンに導入する唯一の方法であり、ユーザーフレンドリーなプラットフォームは、非テクノロジー企業がブロックチェーンを利用できる唯一の方法です。

  • MOBU - ただのプラットフォームではない

MOBUユーザーのニーズを完全に機能的に満たすことにより、生態系を最大限に発揮させることで、MOBUは革新的で未来的な視点を示しています。 MOBUは、以下のイニシアチブにより、利用とサービスを向上させます。

MOBUが1千万ドルを調達する場合:

MOBUは、MOBUのプラットフォーム上で最初の外国為替および暗号比率割当マネー管理(ICAN)を開発し、MOBUの価値を確実に高め、MOBUを最大限に発揮するためのより多くのリソースを確保するために、認可トークンの20%を保持します。 ブロックチェーンはデータが存在することを証明するために開発されたもので、これは我々が認める最初の外国為替のICOになります。ブロックチェーン為替マネージャーは、パフォーマンス数値、管理手数料、管理対象資産について、不正をすることができません。これにより、投資家の手数料が削減されます。ファンドマネージャーが法的な方法で暗号基金を開始するための技術的要件も可能になります。

MOBUが2千万ドルを調達する場合:

MOBUは、MOBUプラットフォーム上で初めてのクラウドファーミングICOを開発し、MOBUの価値を確実に高め、MOBUの潜在能力を最大限に発揮させるために、認可トークンの20%を保持します。ブロックチェインは、公開する必要がある情報に使用されます。我々は効率的な農業と透明な情報を保証する最新の無人機技術と組み合わせたhttps://what3words.comのような技術を使って、世界中の土地に関する詳細な情報と統計をブロックチェーンに効果的に提供します。

MOBUが3千万ドルを調達する場合:

MOBUは、MOBUトークンのために、分散型規制の承認されたセキュリティトークンプラットフォームを開発する予定です。これにより、すべての投資家は、すべてのMOBU ICOを取引所に上場させることができ、流動性が保証することになります。これは、最初の分散型セキュリティトークンプラットフォームになります!

最初のアイデアは、MOBU投資家とトークン所有者に追加のトークンを報酬することでした。残念ながら、Howeyテストに合格せず、MOBUをセキュリティトークンにしてしまいます。実費優先に関しては、利益が投資家に還元されるとき、セキュリティトークンに分類されるであろう。 MOBUは他の取引所に上場するためのユーティリティートークンであることが不可欠です。私たちはこの提案を改訂してより強力な生態系を構築しました。上記の3つの取り組みは、MOBU ICOで資金調達し、将来の投資家に割引して提供する3つの独立したICOです。 3つのICOはすべて、KYC / AMLとSECの承認を含め、全世界的な法的遵守を備えたセキュリティトークンとして提供されます。 MOBUは投資家の資金を無駄にしないで、強力な生態系と実際のブロックチェーンのユースケースを確実にするためのユニークな取り組みを実施することが明らかです。これにより、MOBUチームが強力な未来と継続的な発展を確実にするための強力なリソースが得られます。

チーム すべてを見る

Ronen Sartena
Ronen Sartena
Director Of Business Development At The Real Start
Dmitrii Sunka
Dmitrii Sunka
Business Development Manager At GateON
Bobir Akilhanov
Bobir Akilhanov
CEO At The Real Start
David Drake
David Drake
Chairman At LDJ Capital
Ali Ömer Horzum
Ali Ömer Horzum
TokenSuite.Io TokenDrops.Com BountySuite.Com
Nikolay Shkilev
Nikolay Shkilev
TOP 5 ICObench Expert

人気ICO記事

  • 国産グルメSNS「シンクロライフ」(SynchroLife)がICO済のトークン報酬の導入を開始

    日々、「国産コイン」で動いているサービスって殆ど無いよね、というのが口癖になっているのは著者だけでは無いはずだ。動いているという意味では最も動いているサービスが、実はある。知らない方も多いと思うが、2017年9月に香港法人SynchroLife, LimitedでICOを行っていた、グルメSNS「シンクロライフ」(SynchroLife)に、本日からトークン報酬が導入された。導入されたシンクロコインは、レビューを書いた方に対して報酬として配布されていく予定だ。今後は、店舗決済自体に使え、ユーザーにも還元されるという仕組みになっている。昨年のICO以前からプロダクト自体は公開されており、ユーザー
  • コイン神社にやって欲しい仮想通貨YouTube企画3選

    やぁみんなYouTubeでという投資とプログラミングが学べるチャンネルを運営していると言うものだちなみに今回、提案する案についてはっていうのがポイントだ自分がオススメしている投資漫画の『インベスターZ』でもという言葉がでてくるこれはがという意味合いで使われる詳しくは以下の記事を参考にして欲しい▶︎ 仮想通貨ユーチューバーの誰もがまだやっていないアイデアをコイン神社がいち早くやっていくことでをつかむことができるのだ←それでは早速、YouTube企画案3つをそれぞれ紹介していくまずはひとつめこれは渋谷で声かけをして仮想通貨ホルダー10人みつけるまで帰れないという企画だこれは一時
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。