ENTRY - ブロックチーフの人民銀行

ENTRYはスマートコントラクトによって権限を与えられたブロックチェーンベースのプラットフォームです。 クロスボーダー支払い、ATM設備/便利な引き出しを提供するだけでなく、ビジネスと消費者の世界のための仮想通貨取引所としても機能します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ENTRY
開始日時
2018-04-10
終了日時
2018-04-30
最低目標
25,000,000 ENTRY
最高目標
325,000,000 ENTRY
初回価格
1 ENTRY = 0.15 EUR
トークン供給数
325,000,000
公式サイトへ Owner of ENTRY?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームENTRY
タイプUtility
参加可能通貨BTC, ETH, DASH, Fiat
供給率55%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ENTRYはスマートコントラクトによって権限を与えられたブロックチェーンベースのプラットフォームです。 クロスボーダー支払い、ATM設備/便利な引き出しを提供するだけでなく、ビジネスと消費者の世界のための仮想通貨取引所としても機能します。   

ミッションステートメント:

仮想通貨によって導かれた伝統的なものと新しい財政的パラダイムとシステムとの間のゲートウェイとなり、金融エコシステムに両者の相互運用性を可能にするフレームワークを持たせることができます。   

目標

  • 仮想通貨が毎日の取引に適していることを支援し、すべての市民に暗号金融の世界を広げる。
  • エコシステム内のすべてのトランザクションの透明的な記録を保持。
  • ビジネス世界全体の購入と支払いのための仮想通貨の使用を拡大。
  • 銀行システムを扱う従来の方法に革命を起こすシンプルでオールインワンのプラットフォームを作成。

ENTRYの包括的なバンキング商品およびサービスの一式は、銀行および金融サービスにおける新しい基準を決めるでしょう。

チーム すべてを見る

Tomas Ambrazas
Tomas Ambrazas
CEO at Entry.Money
Tadas Ambrazas
Tadas Ambrazas
CFO at Entry.Money
Ignas Sakalauskas
Ignas Sakalauskas
Community Hero at Entry.Money
Rima Delgiado
Rima Delgiado
Community Hero at Entry.Money
Neringa Šiaulytė
Neringa Šiaulytė
Social Networking Hero at Entry.Money
Robertas Stankevičius
Robertas Stankevičius
Business Strategy at Entry.Money

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。