Enigma Catalyst - 仮想通貨に注目ししているトレーダーのためのプラットフォーム

金融エコシステムのルネサンス時代が到来に参加できるプラットフォーム。普通の投資家に勝てるプロジェクトに直接投資できるようになる。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ENG
開始日時
2017-09-11
終了日時
2017-09-11
調達金額
$45,000,000
最高目標
30,000,000 USD
トークン供給数
75,000,000
公式サイトへ Owner of Enigma Catalyst?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

暗号化取引データ利用の革命

Enigmaでは、コラボレーションを最大限にする方法でデータを共有、集約、収益化する方法を再検討したいと考えています。Enigmaデータマーケットプレイスプロトコルを構築するとともに、このプロトコルで動作する最初のアプリケーションであるCatalystを作っています。Catalystは、当社の財務データ市場を基盤としており、ユーザーがデータの共有と管理を行い、収益性の高いデータ駆動の投資戦略を練ることができます。

研究ツールについて

迅速かつ効率的に暗号データにアクセスし、取引戦略を設計、テスト、改良するために、無料のオープンソースPython SDK(ローカルまたはウェブベースのIDE)を利用します。

データマーケットプレイス

データキュレーター、データ消費者、またはその両方として、ブロックチェーンエコシステムの分散型データ市場に参加してください。ENGトークンと引き換えに暗号投資データを提供します。市場、ネットワーク、センチメント、ICOなどの暗号投資関連のデータを単一のソースで優位に立ちます。

マシンベース投資

自身のアルゴリズムを作成するスキルや時間が不足している場合でも、実績のあるファンドには人が集まります。開発者なら、成功するアルゴリズムを作ったことを証明し、人々から投資を引き付けてください。

チーム すべてを見る

Prof. Alex Pentland
Prof. Alex Pentland
Director at MIT Media Lab
Jacob Gibson
Jacob Gibson
Co-founder & COO of Nerdwallet
Justin Lent
Justin Lent
Former Director of Hedge Fund Development at Quantopian
Matthew Falk
Matthew Falk
Former Software Engineer at Two Sigma
Guy Zyskind
Guy Zyskind
Co-founder & CEO
Can Kisagun
Can Kisagun
Co-founder & CPO

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本