Enigma Catalyst - 仮想通貨に注目ししているトレーダーのためのプラットフォーム

金融エコシステムのルネサンス時代が到来に参加できるプラットフォーム。普通の投資家に勝てるプロジェクトに直接投資できるようになる。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ENG
開始日時
2017-09-11
終了日時
2017-09-11
調達金額
$45,000,000
最高目標
30,000,000 USD
トークン供給数
75,000,000
公式サイトへ Owner of Enigma Catalyst?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

暗号化取引データ利用の革命

Enigmaでは、コラボレーションを最大限にする方法でデータを共有、集約、収益化する方法を再検討したいと考えています。Enigmaデータマーケットプレイスプロトコルを構築するとともに、このプロトコルで動作する最初のアプリケーションであるCatalystを作っています。Catalystは、当社の財務データ市場を基盤としており、ユーザーがデータの共有と管理を行い、収益性の高いデータ駆動の投資戦略を練ることができます。

研究ツールについて

迅速かつ効率的に暗号データにアクセスし、取引戦略を設計、テスト、改良するために、無料のオープンソースPython SDK(ローカルまたはウェブベースのIDE)を利用します。

データマーケットプレイス

データキュレーター、データ消費者、またはその両方として、ブロックチェーンエコシステムの分散型データ市場に参加してください。ENGトークンと引き換えに暗号投資データを提供します。市場、ネットワーク、センチメント、ICOなどの暗号投資関連のデータを単一のソースで優位に立ちます。

マシンベース投資

自身のアルゴリズムを作成するスキルや時間が不足している場合でも、実績のあるファンドには人が集まります。開発者なら、成功するアルゴリズムを作ったことを証明し、人々から投資を引き付けてください。

チーム すべてを見る

Prof. Alex Pentland
Prof. Alex Pentland
Director at MIT Media Lab
Jacob Gibson
Jacob Gibson
Co-founder & COO of Nerdwallet
Justin Lent
Justin Lent
Former Director of Hedge Fund Development at Quantopian
Matthew Falk
Matthew Falk
Former Software Engineer at Two Sigma
Guy Zyskind
Guy Zyskind
Co-founder & CEO
Can Kisagun
Can Kisagun
Co-founder & CPO

人気STO/ICO記事

  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他