Enigma Catalyst - 仮想通貨に注目ししているトレーダーのためのプラットフォーム

金融エコシステムのルネサンス時代が到来に参加できるプラットフォーム。普通の投資家に勝てるプロジェクトに直接投資できるようになる。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ENG
開始日時
2017-09-11
終了日時
2017-09-11
調達金額
$45,000,000
最高目標
30,000,000 USD
トークン供給数
75,000,000
公式サイトへ Owner of Enigma Catalyst?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

暗号化取引データ利用の革命

Enigmaでは、コラボレーションを最大限にする方法でデータを共有、集約、収益化する方法を再検討したいと考えています。Enigmaデータマーケットプレイスプロトコルを構築するとともに、このプロトコルで動作する最初のアプリケーションであるCatalystを作っています。Catalystは、当社の財務データ市場を基盤としており、ユーザーがデータの共有と管理を行い、収益性の高いデータ駆動の投資戦略を練ることができます。

研究ツールについて

迅速かつ効率的に暗号データにアクセスし、取引戦略を設計、テスト、改良するために、無料のオープンソースPython SDK(ローカルまたはウェブベースのIDE)を利用します。

データマーケットプレイス

データキュレーター、データ消費者、またはその両方として、ブロックチェーンエコシステムの分散型データ市場に参加してください。ENGトークンと引き換えに暗号投資データを提供します。市場、ネットワーク、センチメント、ICOなどの暗号投資関連のデータを単一のソースで優位に立ちます。

マシンベース投資

自身のアルゴリズムを作成するスキルや時間が不足している場合でも、実績のあるファンドには人が集まります。開発者なら、成功するアルゴリズムを作ったことを証明し、人々から投資を引き付けてください。

チーム すべてを見る

Prof. Alex Pentland
Prof. Alex Pentland
Director at MIT Media Lab
Jacob Gibson
Jacob Gibson
Co-founder & COO of Nerdwallet
Justin Lent
Justin Lent
Former Director of Hedge Fund Development at Quantopian
Matthew Falk
Matthew Falk
Former Software Engineer at Two Sigma
Guy Zyskind
Guy Zyskind
Co-founder & CEO
Can Kisagun
Can Kisagun
Co-founder & CPO

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[