ENDO Protocol - ブロックチェーン情報を検証する為のプロトコル

ENDOとは認証された情報の追跡と暗号化された情報の保管に関する問題を解決するプロトコルです。ENDOエコシステムでは、ユーザーと企業がETを使用して情報の交換やサービスの受領を出来ます。 我々のプラットホームに記載されているアプリは、全種類の貴重な情報にとって一元化された、安全で信頼できる環境を創設するという目標を狙って、開発されています。教育レベル、身分証明、医療記録などに関する個人情報、企業情報、公的に利用可能なすべての情報はENDOプラットフォームを通じて管理できるようになり、同時に自分で選ぶ第三者に対して保管されている情報への安全なアクセスを提供し、個人情報の保護を保証する。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ET
開始日時
2018-06-20
終了日時
2018-08-25
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
1ET=0,375USD
トークン供給数
40,000,000
公式サイトへ Owner of ENDO Protocol?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, BCH, USD, EUR, JPY
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域USA, China, Canada, Singapore, New Zealand, Iceland, Thailand, Afghanistan etc
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • June 20-July 3 - 20%
  • July 4-10 - 16%
  • July 11- August 25 - 10%

概要

ENDOとは社内で開発された公開ブロックチェーンを用いる非中央集権化されたプラットホームです。この新しいタイプのブロックチェーンは安全を遵守しながら公証された情報を保管して、転送と交換を保証しています。ENDOシステムは、それぞれの企業が各自のアプリをENDOプラットホームに接続できるように、API経由のアクセスを提供しています。企業はETを使ってお互いに情報を売買しあうことが出来るようになります。情報の持ち主であるユーザーは、その情報の転送を承認するか交換を拒否する二つの選択肢があります。情報の持ち主が自分の個人情報の交換を承認する場合、ETを代価としてもらえるようになります。

チーム

Yan Palmachinskiy
Yan Palmachinskiy
社長、ファウンダー
Mikhail Plyaskin
Mikhail Plyaskin
最高執行責任者
Vladislav Utushkin
Vladislav Utushkin
最高マーケティング責任者
Nicolay Berezowsky
Nicolay Berezowsky
システムアーキテクト
Boris Baranov
Boris Baranov
コミュニティディレクター
Yaroslav Karpov
Yaroslav Karpov
日本事業開発ディレクター

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[