ENDO Protocol - ブロックチェーン情報を検証する為のプロトコル

ENDOとは認証された情報の追跡と暗号化された情報の保管に関する問題を解決するプロトコルです。ENDOエコシステムでは、ユーザーと企業がETを使用して情報の交換やサービスの受領を出来ます。 我々のプラットホームに記載されているアプリは、全種類の貴重な情報にとって一元化された、安全で信頼できる環境を創設するという目標を狙って、開発されています。教育レベル、身分証明、医療記録などに関する個人情報、企業情報、公的に利用可能なすべての情報はENDOプラットフォームを通じて管理できるようになり、同時に自分で選ぶ第三者に対して保管されている情報への安全なアクセスを提供し、個人情報の保護を保証する。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ET
開始日時
2018-06-20
終了日時
2018-08-25
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
1ET=0,375USD
トークン供給数
40,000,000
公式サイトへ Owner of ENDO Protocol?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, BCH, USD, EUR, JPY
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域USA, China, Canada, Singapore, New Zealand, Iceland, Thailand, Afghanistan etc
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • June 20-July 3 - 20%
  • July 4-10 - 16%
  • July 11- August 25 - 10%

概要

ENDOとは社内で開発された公開ブロックチェーンを用いる非中央集権化されたプラットホームです。この新しいタイプのブロックチェーンは安全を遵守しながら公証された情報を保管して、転送と交換を保証しています。ENDOシステムは、それぞれの企業が各自のアプリをENDOプラットホームに接続できるように、API経由のアクセスを提供しています。企業はETを使ってお互いに情報を売買しあうことが出来るようになります。情報の持ち主であるユーザーは、その情報の転送を承認するか交換を拒否する二つの選択肢があります。情報の持ち主が自分の個人情報の交換を承認する場合、ETを代価としてもらえるようになります。

チーム

Yan Palmachinskiy
Yan Palmachinskiy
社長、ファウンダー
Mikhail Plyaskin
Mikhail Plyaskin
最高執行責任者
Vladislav Utushkin
Vladislav Utushkin
最高マーケティング責任者
Nicolay Berezowsky
Nicolay Berezowsky
システムアーキテクト
Boris Baranov
Boris Baranov
コミュニティディレクター
Yaroslav Karpov
Yaroslav Karpov
日本事業開発ディレクター

人気STO/ICO記事

  • Coincheck、7月16日よりお客様情報の追加登録を実施 - 仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基く措置

    暗号資産取引所、Coincheck社は7/9日、午後13時頃公式ブログ及びツイッターを通じ、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基づき、2019年7月16日よりお客様情報の追加登録を実施することを公表した。<ins></ins>個人のお客様:2019年7月16日〜2019年8月29日 法人のお客様:2019年7月下旬以降1. 国籍や職業などの属性情報2. 資産に関する情報3. お取引に関する情報 など参照元:<ins></ins>・・・・・
  • 【特典Wドリ】キャンペーンでウェルスナビにお得に登録する方法!副業・資産運用

    ウェルスナビを始めたいと思っているが、まだ、初回登録が済んでいない方はラッキーです!こういったサービスを少しでもお得に申し込む為には、キャンペーンを上手に活用することが大切ですが、ちょうど今、ウェルスナビは、お得な夏のキャンペーンを開催しており、コインポインを利用することで、さらにお得に特典をWドリすることができるんです!当記事では、ウェルスナビを少しでもお得に登録する為の方法をご紹介いたします。この2つのキャンペーンで条件をクリアすれば最低でも5500円相当の特典、最高で10万4500円相当の特典を獲得することができます。コインポイン経由で登録し、10万円入金とリスク許容度の設定を行えば、最
  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部