ENDO Protocol - ブロックチェーン情報を検証する為のプロトコル

ENDOとは認証された情報の追跡と暗号化された情報の保管に関する問題を解決するプロトコルです。ENDOエコシステムでは、ユーザーと企業がETを使用して情報の交換やサービスの受領を出来ます。 我々のプラットホームに記載されているアプリは、全種類の貴重な情報にとって一元化された、安全で信頼できる環境を創設するという目標を狙って、開発されています。教育レベル、身分証明、医療記録などに関する個人情報、企業情報、公的に利用可能なすべての情報はENDOプラットフォームを通じて管理できるようになり、同時に自分で選ぶ第三者に対して保管されている情報への安全なアクセスを提供し、個人情報の保護を保証する。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ET
開始日時
2018-06-20
終了日時
2018-08-25
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
1ET=0,375USD
トークン供給数
40,000,000
公式サイトへ Owner of ENDO Protocol?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, BCH, USD, EUR, JPY
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域USA, China, Canada, Singapore, New Zealand, Iceland, Thailand, Afghanistan etc
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • June 20-July 3 - 20%
  • July 4-10 - 16%
  • July 11- August 25 - 10%

概要

ENDOとは社内で開発された公開ブロックチェーンを用いる非中央集権化されたプラットホームです。この新しいタイプのブロックチェーンは安全を遵守しながら公証された情報を保管して、転送と交換を保証しています。ENDOシステムは、それぞれの企業が各自のアプリをENDOプラットホームに接続できるように、API経由のアクセスを提供しています。企業はETを使ってお互いに情報を売買しあうことが出来るようになります。情報の持ち主であるユーザーは、その情報の転送を承認するか交換を拒否する二つの選択肢があります。情報の持ち主が自分の個人情報の交換を承認する場合、ETを代価としてもらえるようになります。

チーム

Yan Palmachinskiy
Yan Palmachinskiy
社長、ファウンダー
Mikhail Plyaskin
Mikhail Plyaskin
最高執行責任者
Vladislav Utushkin
Vladislav Utushkin
最高マーケティング責任者
Nicolay Berezowsky
Nicolay Berezowsky
システムアーキテクト
Boris Baranov
Boris Baranov
コミュニティディレクター
Yaroslav Karpov
Yaroslav Karpov
日本事業開発ディレクター

人気STO/ICO記事

  • 2020年、北朝鮮でブロックチェーンカンファランスが開かれる予定・・参加費は約40万円・日本人参加不可

    今年の4月に北朝鮮の首都である平壌(ピョンヤン)で開かれたブロックチェーンカンファランスが来年の2月に再度、開催されることになった。平壌のカンファランスはスペインの非政府組織(NGO) 団体の朝鮮親善協会(FKA)の設立者アレハンドロ「Alejandro Cao de Benos」とブロックチェーン諮問会社トークンキー(Token Key)が主催する。既に、広報のためのホームページも作成されたことが確認できた。()10日、平壌ブロックチェーンカンファランス主催者のアレハンドロ設立者は韓国メディアとのインタビューで「先日、開かれたカンファランスは包括的なコンテンツで構成されたが来年、開かれるカ
  • BNBでホテルの予約が可能に ・・Travala.comがBNB決済を受け入れる

    ブロックチェーンベースのホテル予約プラットフォーム「Travala.com」が公式ツイッターアカウントを通じ、バイナンス取引所の仮想通貨BNBの決済を受け入れると発表した。発表を受けて、BinanceのCEO「Changpeng Zhao」もツイッターでAwesome(素晴らしい)というコメントを残した。Travala.comはAVA(時価総額462位)という自社トークンを始め、BNB以外にBTC、EOS、LTC、BCH、TRXなどのメジャーな仮想通貨で決済ができる。同プラットフォームは82,000以上の都市に位置する55万以上のホテルなどと提携している。※参照元はで公開しています。<ins
  • まだ間に合うかも!?XLMもある、今週のエアドロまとめ

    今週久しぶりにエアドロ参加したなぁと思ったので、まとめてみました。3つあるのですが、全部参加しました?割と、プロジェクトしては大きな所がやっているので、これを機会に触ってみよう位の気持ちでやってもいい気はします。パッと見はメッセンジャーアプリです。ただ、ファイルやメッセージは暗号化されていて、公開鍵と秘密鍵で管理出来ます。ビジネス的なやり取りで実用に耐える/使われるフェーズが来るとかなり面白いインフラになる可能性を秘めていますね。詳細は下記の記事に詳しいです。韓国最大のメッセンジャーアプリ・Kakaoが主導し、かなり多くの有力企業が参加するコンソーシアム・チェーンになっています。201