ENDO Protocol - ブロックチェーン情報を検証する為のプロトコル

ENDOとは認証された情報の追跡と暗号化された情報の保管に関する問題を解決するプロトコルです。ENDOエコシステムでは、ユーザーと企業がETを使用して情報の交換やサービスの受領を出来ます。 我々のプラットホームに記載されているアプリは、全種類の貴重な情報にとって一元化された、安全で信頼できる環境を創設するという目標を狙って、開発されています。教育レベル、身分証明、医療記録などに関する個人情報、企業情報、公的に利用可能なすべての情報はENDOプラットフォームを通じて管理できるようになり、同時に自分で選ぶ第三者に対して保管されている情報への安全なアクセスを提供し、個人情報の保護を保証する。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ET
開始日時
2018-06-20
終了日時
2018-08-25
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
1ET=0,375USD
トークン供給数
40,000,000
公式サイトへ Owner of ENDO Protocol?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, BCH, USD, EUR, JPY
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域USA, China, Canada, Singapore, New Zealand, Iceland, Thailand, Afghanistan etc
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • June 20-July 3 - 20%
  • July 4-10 - 16%
  • July 11- August 25 - 10%

概要

ENDOとは社内で開発された公開ブロックチェーンを用いる非中央集権化されたプラットホームです。この新しいタイプのブロックチェーンは安全を遵守しながら公証された情報を保管して、転送と交換を保証しています。ENDOシステムは、それぞれの企業が各自のアプリをENDOプラットホームに接続できるように、API経由のアクセスを提供しています。企業はETを使ってお互いに情報を売買しあうことが出来るようになります。情報の持ち主であるユーザーは、その情報の転送を承認するか交換を拒否する二つの選択肢があります。情報の持ち主が自分の個人情報の交換を承認する場合、ETを代価としてもらえるようになります。

チーム

Yan Palmachinskiy
Yan Palmachinskiy
社長、ファウンダー
Mikhail Plyaskin
Mikhail Plyaskin
最高執行責任者
Vladislav Utushkin
Vladislav Utushkin
最高マーケティング責任者
Nicolay Berezowsky
Nicolay Berezowsky
システムアーキテクト
Boris Baranov
Boris Baranov
コミュニティディレクター
Yaroslav Karpov
Yaroslav Karpov
日本事業開発ディレクター

人気STO/ICO記事

  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ
  • バイナンス、日本居住者の取引機能を制限予定

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが16日、ホームページを通じ後日、日本居住のユーザーを対象に取引機能を制限する予定と発表した。詳細の内容はまだ、決まっておらず追って連絡するとのこと。バイナンスは過去に日本語でサービス提供をしていたが2018年3月、金融庁から無許可営業を行ったとしてを受けたことがある。(2018年に改正資金決済法が施行され、仮想通貨交換業者登録が必要になったため)その後、日本語でのサービスは中止し、営業をしてきた。一部のメディアは今年の春に施行が予定されている資金決済法及び金商法改正の影響が今回の取引機能の制限に繋がったと予測している。<ins></ins>比較記事を読
  • 【API連携】BitMEX/ビットメックスの取引や資産管理を効率化

    【API連携】BitMEX/ビットメックスの取引や資産管理を効率化の取引や資産管理を効率化する方法をご存知でしょうか?が公開している公式APIを活用すれば、コイン相場アプリに連携し取引が可能になります。通常、APIはプログラミングの知見がない方にとって、活用ハードルが高いですが、コイン相場では簡単にAPIが連携でき、ポートフォリオ管理や取引を効率化することができます。ここでは世界最大級の先物取引所であるのAPI取得方法とへのAPI連携方法をご紹介させていただきます。BitMEXはBTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH (イーサリアム)、LTC (ライトコイン)