ELAMACHAIN - ハイパーレジャーファブリックベースの感情的AIプラットフォーム

ELAMACHAINは、既存のエコシステムに関連して個々のユーザーや企業のニーズを満たすために、ブロックチェーンテクノロジとAIサービスを統合した感情的なAIプラットフォームです。 ELA Coin(ELAC)は、人間の感情に答えるように設計されたAI上に構築されたエコシステムのトークンとなり、ELAMACHAINプラットフォームのユーザーに最大限の有用性を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
ELAC
最低目標
2,600,000 USD
最高目標
52,000,000 USD
初回価格
0.0800 USD
トークン供給数
325,000,000
公式サイトへ Owner of ELAMACHAIN?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率3,25%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

プラットフォームとしてのElamachainは、従来のブロックチェーンサービスの典型的な制限、すなわち遅いトランザクション速度、セキュリティ規制との非互換性、そしてアクセスできない使用インフラストラクチャを克服します。 ElamachainプラットフォームのHyperledger Fabric構造は、システムに対する高速性、スケーラビリティ、およびセキュリティを可能にします。また、ユーザーの感情を認識して対応することができるAI ELA上に構築されたELAエコシステムは、カスタマイズされたAIサービスからオンライン/オフライン決済システムまで、ユーザーの生活のあらゆる場面に影響を与えることができます。

AI ELAは、データを収集、分析、および保存するELA Core-engineによって駆動されます。 ELA Core-engineは、ディープラーニングネットワークと分散データストレージテクノロジを利用して、システムに流入する無数のデータを洗練しますが、あなたが話すELAは、誰よりも優れているものとして成長します。

ユーザーデータの絶え間ない流入はAI ELAの成長にとって極めて重要です。大量の質の高いデータを確保するために、自発的にAIデータベースの構築と拡張に貢献したユーザーには、ELAコイン(ELAC)が贈られます。ELAに話すか、学習した好みに基づいて特別に設計されているさまざまなELAミッションを完了することによってELACを獲得することができます。ELAコインは、広大にネットワーク化された商人とリアルタイム支払いシステムでできたELAエコシステム内で流通しています。

チーム すべてを見る

Deokho(Kevin) Kang
Deokho(Kevin) Kang
Deirector in Chief
Terry Na
Terry Na
Chief Operating Officer
Jaehee Won
Jaehee Won
Planning Director
Hyunwoo Jo
Hyunwoo Jo
Technical Architect&Product Manager
Yujin Seol
Yujin Seol
Manager of Marketing Department
Taekyung Lee
Taekyung Lee
Planning&Design Leader

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )