echarge.work - 電気充電ステーションを再定義

eCharge.workは、電気自動車やその他のバッテリ駆動車の簡単でコスト効率の良い再充電のための最初の代替システムです。 ホテル、オフィス、ショッピングモール、駐車場、その他の顧客フレンドリーな場所にeChargeステーションを設置することにより、世界中に普及するように設計されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ECHG
開始日時
2018-04-15
終了日時
2018-11-30
初回価格
1 ECH = 0.1 EUR
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of echarge.work?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

eCharge.workは、設置、電気、バックエンドのサポートを含む無料で充電ステーションをホテルに提供します。 代わりに、eChargeはこれらのホテルとの独占的なベンダーのパートナーシップを結びます。

ホテルのお客様は、滞在中は便利に電気自動車を充電でき、インテリジェントな予約プラットフォームは駐車場と充電オプションを調整します。

チーム すべてを見る

Markus Dold
Markus Dold
Founder & CEO
Dariia Manovytska
Dariia Manovytska
Co-Founder
Holger Czesnet
Holger Czesnet
Co-Founder
Valeria Vasilachi
Valeria Vasilachi
Business developer
Nicolai Caunov
Nicolai Caunov
Information Technology Engineer
Delano Langedijk
Delano Langedijk
Growth hacker and marketer

人気STO/ICO記事

  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ
  • LTC、ダスティング攻撃・・被害を受けたウォレットは約30万個と推測

    暗号資産メディアCointelegraphはブロックチェーン・データ分析企業GlassnodeのTwitterを引用し、「先日(9日)、バイナンスが時価総額5位のライトコイン(LTC)、50個のウォレットを対象に『ダスティング攻撃』があった」と発表したが、実際に被害を受けたのは29万4582アドレスであると報道した。<blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ko"><p lang="en" dir="ltr">The recent  dusting attack on  affected 294,582 addresses. During o