Donocle - ブロックチェーンベースのグローバル宝くじ

DONOCLEは、公平性を最大限にするために公平かつ透明に公表されたブロックチェーンベースの宝くじ抽選方法および賞品、50種類以上のコインおよびトークンを備えた世界的なLOTTOプロジェクトです。ODF(Open Data Flow)を採用しており、ユーザは商品(金銭)の移動や流れを監視することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
DDL
開始日時
2018-10-10
終了日時
2019-02-28
最低目標
10,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
0.2000 USD
トークン供給数
399,600,000
公式サイトへ Owner of Donocle?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, EOS
供給率66.6%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

DGBLS(寄付グローバルブロックチェーン宝くじシステム)

DGBLSは、ブロックトレインとスポーツTOTO(韓国)システムの運用で世界的に有名な韓国のGLOS(Global Lottery System)を組み合わせたDONOCLE Lottery(Lotto、TOTO)オペレーティングシステムです。   

SmartXブロックチェーンプラットフォーム

SmartX Blockchain Platformは、Mobile SmartX Platformでブロックチェーンハッシュアルゴリズムを採用することで、利便性、人気、経済的優位性、軽量性を実現したプラットフォームであり、かなり高価のGPUやASICハードウェアに依存している従来のブロックチェーンと比較して、 メンテナンス費用を大幅を減らします。   

DONOCLE Bシステム(ブロックチェイン寄付直接転送システム)

DONOCLE Bシステムは伝統的な寄付システムの不合理な部分を解決するためにもたらされます。 この新しい寄付インフラシステムは、受益者や受益者団体への寄付資金を透明的かつ信頼できる方法でブロックチェーン技術に移転します。

チーム すべてを見る

Park, Jun Ho (Jaden Park)
Park, Jun Ho (Jaden Park)
Co-CEO
David HAN
David HAN
Co-Founder
Jin, do yoon (Jake Jin)
Jin, do yoon (Jake Jin)
Co-Founder Chief Strategy Officer
Seunggoo Cho
Seunggoo Cho
CTO, Chief Technology Officer
Kyungsook Ahn
Kyungsook Ahn
Developer, Co-Founder
Daehyun Lim
Daehyun Lim
CMO of DONOCLE

人気STO/ICO記事

  • BitMEXのBTC/USDペアー名称変更について

    いつもコイン相場をご利用いただき、誠にありがとうございます。最近、コイン相場アプリ内でBitMEXのチャートが表示されないというお問合せがたくさん届いています。既存のBitMEX取引所にあるBTC/USDペアーはアップデート後、XBT/USDに変更されましたので、BTC/USDペアーを登録していたユーザー様は「XBT/USD」ペアーを再度登録をお願いいたします。また、以下のスクリーンショットを見ると分かりますが、現在XBT/USDの表示にUSDが重複されている状況です。この部分は、正しく修正して参りますので、ひとまずXBTUSD/USDでご利用をお願いいたします。もともと、アプリ内でBitME
  • 【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!取引所診断ツールをコイン相場がリリース

    早速試してみたい方はから仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っているのか自信がありますか?Googleで検索して、色んな記事を読んで比較してもどこが自分にあっているのか、どこがいいのか、さっぱり分からない。。取引所関連の記事はいっぱいあるけれど、アフィリエイト報酬が高い順で並んでいるだけという事も多いですよね。判断に困る、比較するのが手間だという方々のために国内最大の仮想通貨アプリ、コイ
  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されるこことになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの