CYBR - ブロックチェーンのためのホリスティックなサイバーセキュリティソリューション

CYBRエコシステムは、ブロックチェーンのための全体的なサイバーセキュリティソリューションであり、サイバーコミュニティにリアルタイムの防御、対策、脅威情報を提供するように設計されたポータル、ならびに当社のシステムに依存する他の暗号エンティティおよび取引所 サイバーセキュリティソリューション。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CYBR
開始日時
2018-10-15
終了日時
2018-11-30
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
1 CYBR = 0.08 USD
トークン供給数
510,000,000
公式サイトへ Owner of CYBR?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率51%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

CYBRエコシステムには、CYBRユーザー(コミュニティ)がログインして安全なスマートトランザクションが確実に行われるウェブポータルが組み込まれています。 ポータルには、脅威アラート、アドレスとウェブサイトの確認、トークンの送受信、BlindSpotのダウンロード、FAQを含むサポート、最新の既知の脅威と新たな脅威に関する独自のCYBRデータベースへのアクセスが含まれます。 このポータルは、CYBRコミュニティやその他の暗号エンティティや取引所にリアルタイムの防御、対策、脅威情報を提供します。

チーム すべてを見る

Shawn Key
Shawn Key
CEO, President
Frank Corsi
Frank Corsi
Chief Technical Officer
Adam Peterson
Adam Peterson
Director of Marketing Operations
Rich Berkley
Rich Berkley
Investor Relations/Social Media
Darron Tate
Darron Tate
Public Outreach
Kim Moyer-Crabtree
Kim Moyer-Crabtree
Public Relations

人気STO/ICO記事

  • Coincheck(コインチェック)レバレッジ取引サービス終了へ

    マネックスグループの子会社である仮想通貨取引所「コインチェック」が本日の13時に公式ホームページをを通じ、2020年3月13日(金)12:00を持って、レバレッジ取引のサービスを終了すると発表した。レバレッジ取引でポジションを持っているユーザーは期日までにレバレッジアカウントにおける日本円残高を取引アカウントへお振替えしておく必要がある。取引終了日:2020年3月13日(金)12:00取引アカウントへの残高振替期限:2020年3月末現在、レバレッジ取引の新規注文を停止しております。レバレッジ取引の取引履歴については、引き続き閲覧可能です。予定は予告なく変更となる場合がございます。取引終了日(予
  • 株式投資型クラウドファンディング・FUNDINNOについて

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価
  • イランがミサイルを撃った後、BTCが上昇した理由は?

    イランが「コッズ部隊」のソレイマニ司令官殺害への報復としてイラクにある米空軍基地をミサイルで攻撃したことで、国際情勢が不安定になっています。高まる緊張感の中で「原油」、「金」、「BTC」の価格が大きく上昇しました。イランがミサイルを撃った後、ビットコイン(BTC)の価格が上昇した理由は何でしょうか?伝統的に国家間の武力衝突や貿易戦争のような地政学的リスクが勃発すると、お金を持っている資産家たちは財産を守るために「金」などを避難先として選んできました。今回も米国、イランの戦争リスクが高まった後「金」の価格は上昇し2013年以降、高値を更新しています。「金」の価格が上昇することは理解できるが誰も価