CYBR - ブロックチェーンのためのホリスティックなサイバーセキュリティソリューション

CYBRエコシステムは、ブロックチェーンのための全体的なサイバーセキュリティソリューションであり、サイバーコミュニティにリアルタイムの防御、対策、脅威情報を提供するように設計されたポータル、ならびに当社のシステムに依存する他の暗号エンティティおよび取引所 サイバーセキュリティソリューション。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CYBR
開始日時
2018-10-15
終了日時
2018-11-30
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
1 CYBR = 0.08 USD
トークン供給数
510,000,000
公式サイトへ Owner of CYBR?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率51%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

CYBRエコシステムには、CYBRユーザー(コミュニティ)がログインして安全なスマートトランザクションが確実に行われるウェブポータルが組み込まれています。 ポータルには、脅威アラート、アドレスとウェブサイトの確認、トークンの送受信、BlindSpotのダウンロード、FAQを含むサポート、最新の既知の脅威と新たな脅威に関する独自のCYBRデータベースへのアクセスが含まれます。 このポータルは、CYBRコミュニティやその他の暗号エンティティや取引所にリアルタイムの防御、対策、脅威情報を提供します。

チーム すべてを見る

Shawn Key
Shawn Key
CEO, President
Frank Corsi
Frank Corsi
Chief Technical Officer
Adam Peterson
Adam Peterson
Director of Marketing Operations
Rich Berkley
Rich Berkley
Investor Relations/Social Media
Darron Tate
Darron Tate
Public Outreach
Kim Moyer-Crabtree
Kim Moyer-Crabtree
Public Relations

人気STO/ICO記事

  • 【DMM Bitcoinとは】キャンペーン中に口座開設して1000円GETしよう!

    「ビットコイン」を含め、7種類もの仮想通貨取引が可能!14通貨ペアのレバレッジ取引が可能です!取引に必要な機能が集約されているのは勿論、レイアウトもオリジナル仕様にカスタムすることができます。何より、チャート機能の充実がトレーダー上級者に選ばれる所以でしょう。仮想通貨取引所では珍しい両建てでの取引が可能。レバレッジ取引では取扱いアルトコインの空売りが可能なことに加え、8つの注文方式を提供しています。[[DMMビットコインはアルトコインのレバレッジ取引に対応しています。ビットコインを含めた7種類の通貨(ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、ETC)に対応していますのは大きな魅力と言える
  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし