CYBR - ブロックチェーンのためのホリスティックなサイバーセキュリティソリューション

CYBRエコシステムは、ブロックチェーンのための全体的なサイバーセキュリティソリューションであり、サイバーコミュニティにリアルタイムの防御、対策、脅威情報を提供するように設計されたポータル、ならびに当社のシステムに依存する他の暗号エンティティおよび取引所 サイバーセキュリティソリューション。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CYBR
開始日時
2018-10-15
終了日時
2018-11-30
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
1 CYBR = 0.08 USD
トークン供給数
510,000,000
公式サイトへ Owner of CYBR?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率51%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

CYBRエコシステムには、CYBRユーザー(コミュニティ)がログインして安全なスマートトランザクションが確実に行われるウェブポータルが組み込まれています。 ポータルには、脅威アラート、アドレスとウェブサイトの確認、トークンの送受信、BlindSpotのダウンロード、FAQを含むサポート、最新の既知の脅威と新たな脅威に関する独自のCYBRデータベースへのアクセスが含まれます。 このポータルは、CYBRコミュニティやその他の暗号エンティティや取引所にリアルタイムの防御、対策、脅威情報を提供します。

チーム すべてを見る

Shawn Key
Shawn Key
CEO, President
Frank Corsi
Frank Corsi
Chief Technical Officer
Adam Peterson
Adam Peterson
Director of Marketing Operations
Rich Berkley
Rich Berkley
Investor Relations/Social Media
Darron Tate
Darron Tate
Public Outreach
Kim Moyer-Crabtree
Kim Moyer-Crabtree
Public Relations

人気STO/ICO記事

  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されるこことになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
  • 【最新版】キャンペーン中の仮想通貨取引所まとめ!口座開設でお得にビットコインをGETしよう!

    [FX口座数国内1位のDMMが運営する仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」はトレードサービスが充実!さらにレバレッジ取引の取り扱い数は国内一位!今なら、新規口座開設で1,000円がもらえるキャンペーンを実施中!期間限定のお得なキャンペーン中に口座登録をしよう!✅ レバレッジ取引の取り扱い銘柄数1位 ✅ 上級者も納得! 高機能な取引ツール ✅ 豊富なトレードサービス [[[bitbankは、XRPの取引量が世界有数、MONAの取引高は日本一を誇る取引所です。セキュリティも第三者機関による高い評価を受けるなど、安全面において定評があります。   [[[GMOコインは、