cubaaz - Cubaaz - ブロックチェーン時代の旅

Cubaazを作成する目的は、さまざまな側面すべてでの旅行を容易にし、より安く、より速く、より楽しい消費者になり、旅行業界で新しいビジネスモデルを創造できるようにすることです。 私たちがこの目標を達成するためには、現在のビジネスプラクティスやモデルの一部を削除または大幅に変更する必要がありますが、いくつかの新しいコンセプトには最終的に成長の肥沃な土台が与えられます。

STO/ICO基本情報

ステータス
失敗
トークン記号
CC
開始日時
2018-02-05
終了日時
2018-04-10
調達金額
229,138 CC
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
50,000,000 USD
初回価格
1 CC TOKEN = 0.0001 BTC
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of cubaaz?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 5 Feb – 25 Feb - 20%
  • 26 Feb – 9 Mar - 15%
  • 10 Mar – 13 Mar - 10%
  • 14 Mar – 17 Mar - 6%
  • 18 Mar – 28 Mar - 3%
  • 29 Mar –10 Apr - 0%

概要

観光検索エンジン

Cubaazの目標は、世界最高のブロックチェーン愛好者のコミュニティ全体からの最高のアイデアを網羅した、完全に垂直統合されたサービスを提供することです。

NO DOWNTIME

Cubaazはパブリックブロックチェーンの1つ(または複数)に配置され、100%の稼働時間を保証します。

アルタイム取引

Cubaazは、完全に自動化されたソリューションであり、旅行業者の予約システムと直接統合されています 私たちのプラットフォームでのトランザクションは数秒以内に発生します。

銀行レベルのセキュリティ

私たちの市場で取引されるデータのセキュリティが最優先です。 私たちは公開鍵暗号を使用して、取引に直ちに関与する当事者以外の誰もその詳細を見ることができないようにします。

BLOCKCHAIN-ENABLED B2B

問題の解決策は、サプライヤーと旅行者のバイヤー間のデータ交換のための簡単なルールがいくつかあるプラットフォームです。

チーム すべてを見る

Mickael Mosse
Mickael Mosse
Founder & CEO
Marco Vincenzo Belfiore
Marco Vincenzo Belfiore
Chief Knowledge Officer
Olivier Fousse
Olivier Fousse
VP Technology
Felipe Garcia
Felipe Garcia
Artificial Intelligence Specialist
Daniel Sánchez
Daniel Sánchez
Chief Technical Officer
Pau Martinez Bayo
Pau Martinez Bayo
Chief human resources officer

人気STO/ICO記事

  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
  • Coincheck、7月16日よりお客様情報の追加登録を実施 - 仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基く措置

    暗号資産取引所、Coincheck社は7/9日、午後13時頃公式ブログ及びツイッターを通じ、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基づき、2019年7月16日よりお客様情報の追加登録を実施することを公表した。<ins></ins>個人のお客様:2019年7月16日〜2019年8月29日 法人のお客様:2019年7月下旬以降1. 国籍や職業などの属性情報2. 資産に関する情報3. お取引に関する情報 など参照元:<ins></ins>・・・・・
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー