Cryptyk - 企業セキュリティのためのハイブリッドブロックチェーン

Cryptykは、世界で初めて完全なサイバーセキュリティとクラウドストレージソリューションを単一のベンダーから構築しています。 Cryptykはハイブリッドブロックチェーン技術を利用して、クラウドに対する5つの主要なセキュリティ脅威(外部、内部、ウイルス、運用、監視の脅威)から保護する最初の単一ベンダーのセキュリティとストレージソリューションです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CTK
開始日時
2018-03-28
終了日時
2018-04-28
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
28,000,000 USD
初回価格
1 CTK = 0.125 USD
トークン供給数
250,000,000
公式サイトへ Owner of Cryptyk?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC 20
参加可能通貨ETH, BTC, USD
供給率33%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Cryptykは、サイバーセキュリティとクラウドストレージに対する革新的な新しいアプローチを開発しました。 Cryptykは、データのセキュリティ違反を防ぐ代わりに、ハックは避けられず、ファイルを効果的に「ハッキングするのが安全」と想定しています。究極の目標は、ハッキングから利益を取り除き、クラウドからリスクを取り除くことです。

Cryptykの新しいハイブリッドブロックチェーンテクノロジは、暗号化された分散ファイルストレージとブロックチェーンの監査と監視の統合に基づいています。このハイブリッドソリューションは、外部、ウイルスおよび運用上のセキュリティ上の脅威に対して受動的な影響を受けず、ネットワーク管理者は内部および監視の潜在的な脅威から保護することもできます。これは、単一ベンダーの最初の完全なサイバーセキュリティとクラウドストレージソリューションであり、すべてのビジネスとエンタープライズのサイバーセキュリティのコストを大幅に削減します。

Cryptyk CEOのDr. Adam Weigoldは、「世界で最も安全なクラウドセキュリティとストレージシステムを構築しています。 「サイバーセキュリティ市場向けの新しい暗号経済とエコシステムも創造している」と付け加えた。

Cryptykプラットフォームの中心には、第三者のアプリケーション開発者、戦略的企業顧客、暗号化通貨鉱夫、投資家からなるオープンソースのサイバーセキュリティエコシステムを推進するCryptykトークン(CTK)があります。 Cryptykトークンは、すべての参加者にスケーラブルなメリットをもたらす真のユーティリティトークンです。 CTK値の長期的な伸びは、短期的な市場の感情ではなく、顧客の採用や製品の使用によって直接的に左右されます。したがって、ユーティリティトークンは、より一般的なセキュリティトークンと比較して、投資家に長期的な成長と市場変動の可能性を提供します。トークンセールス参加者は、会社の株式を購入するのではなく、製品とその自己増殖エコシステムに直接投資しています。

Cryptykチームは、ベテランのサイバーセキュリティ、クラウドストレージ、ブロックチェーンの専門家で構成されています。創業者にはCEO、6人のテクノロジーベンチャーの量子物理学者、ベテラン、Adam Weigold博士、有名なホワイトハットハッカー、サイバーセキュリティ専門家、シリコンバレー銀行の元セキュリティ責任者、CTO、Raghu Kothaが含まれます。

チーム すべてを見る

Dr. Adam Weigold
Dr. Adam Weigold
CEO & Chairman
Raghu Kotha
Raghu Kotha
CTO
Dennis McMasters
Dennis McMasters
Chief Architect
Luke Lombe
Luke Lombe
CMO
Mihkel Trink
Mihkel Trink
Platform Development
Dr. Daniel Floreani
Dr. Daniel Floreani
Customer Engagement

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )