Cryptopus - ブロックチェーン証券市場

cryptopus - IPFSベースのオープンソースブロックチェーンの技術仲介市場。仮想通貨の投資家は名声、履歴、およびバランスの結果に基づいて、トレーダーを選択します。 トレーダーのプロフィールは透明で、戦略はすべて無料です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CPP
開始日時
2017-12-03
終了日時
2018-01-31
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Cryptopus?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

二段収納

複雑なストレージシステムは、保存場所を提供する人にとって大きなチャンスをもたらします。

ブロックチェーン

私たちのストレージシステムは完全に非集中化され、ビットコインのブロックチェーンのように構築されます。

リアルタイム同期

最大の公式取引プラットフォームとのリアルタイム同期。

IPFS

コンテンツ指向の「惑星内ファイルシステム」は、あらゆるトランザクションの真正性を確認するのに役立ちます。

戦略計画

当社の戦略的計画は、このプロジェクトは長期にわたる開発および提供プラットフォームであることを保証します。

チーム

Alexandr Romanov
Alexandr Romanov
C++, Rust developer. Project leader and producer
Tural Ibadov
Tural Ibadov
Bloger, vegan, creative director.
Ivan Vishnevsky
Ivan Vishnevsky
Style, brand, PR.
Alexandr Grebenko
Alexandr Grebenko

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ