Vesa Token - コピー取引の独立したブロックチェーンサービス

Vesaは初心者の投資家が仮想通貨率で効果的に稼ぐことを可能にするフィンテック新興企業です。 このプロジェクトにより、投資家は少ない手数料を支払って、選択したトレーダーの操作を取引所に自動的にコピーすることができます。 市場での混沌とした第一歩の代わりに、投資家は経験豊富なトレーダーの実績のある取引戦略に従います。 そしてトレーダーは彼らの才能のために追加の収入を得ます。 その結果、新しい投資家が仮想通貨市場に参入することはより簡単で安全になり、仮想通貨の投資と流行に好影響を及ぼします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VSA
開始日時
2017-12-18
終了日時
2018-01-18
最高目標
24,000,000 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Vesa Token ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, USD
供給率77%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Vesaは、仮想通貨に関する取引のブロックチェーンサービスです。市場には2つのパーティーがあります。まず、為替レートで稼得したいが専門知識を持たない投資家がいます。第二に、取引所でうまく取引し、資本を拡大する源を探しているトレーダーがいます。

Vesaの主な機能

Vesaは、トレーダーによって実行されたすべての取引アクションを追跡し、投資家のアカウントに複製します。したがって、投資家は取引所でうまく取引できる機会を得、トレーダーはコピー取引のための手数料を受け取ります。

一意性

Vesaは、APIを使用して異なる取引所でのコピー取引を許可します。つまり、トレーダーは1つの取引所で働くことができ、彼の行動はすべて他の取引所の投資家の口座にコピーされます。それは、プロジェクトを仮想通貨で稼ぐための普遍的なツールにします。

フォーマット

Vesaは、トレーディング戦略の長期的な分析、投資ポートフォリオ、投資家のための取引統計に基づいてトレーダーのリストを提供する、コピー取引の技術的機会を提供する単なるサービスです。このプロジェクトは取引プラットフォームを持たず、ユーザーのお金を保有していません。それはそれらを結びつける仮想通貨取引所の上部構造の一種です。

トークン

プロジェクトのVSAトークンは、トレーダーへの手数料の払い戻しや取引所での自由な取引に使用されます。投資家は自分の個人口座からVSAを購入し、トレーダーの口座に振り込みます。口座には、現金やその他の仮想通貨のトークンを交換します。為替レートを安定させるために、準備金基金があります。

プレセールは2017年12月18日から2018年1月18日に予定されています。公開セールは1月28日から2018年2月28日まで行われます。現在実施されている段階は、中規模および大規模な投資家が最大60%のディスカウントでトークンを購入できるプライベートセールです。

プロジェクト完了度

現在、プロジェクト、iOS、Androidアプリのプレアルファ版があります。プレセール後、公開アルファ版が準備され、2018年5月初旬には本格的な作業プロジェクトが開始されます。

開発

Vesaは非常によくスケーリングされます。このプロジェクトの考え方は、仮想通貨市場だけでなく、株式市場にも適用できます。さらに、将来のプロジェクト開発には、独自の仮想通貨取引所、仮想通貨ウォレット、レバレッジの統合、個人API、ソーシャルメディア機能の設定が含まれます。

チーム

Vesaは、仮想通貨のフィンテックプロジェクトで経験を積んだ国際的なチームによって開発されました。私たちは、ユニークなアイデアと将来的にプロジェクトのスケーリングを大規模に実施するための経験と知識を適用したいと考えています。

チーム すべてを見る

Vlad Pidhainyi
Vlad Pidhainyi
CEO
Andy Pidhainyi
Andy Pidhainyi
CVO
Roman Jivitsa
Roman Jivitsa
Frontend Developer
Valeriy Fisun
Valeriy Fisun
Head of Design
Nikita Agoshkov
Nikita Agoshkov
iOS developer
Vladimir Voiko
Vladimir Voiko
Android developer

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・ 
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗