Creditcoin - どこでも使えるトークン

Flatlay市場は、商業と技術の世界的な民主化を支援します。 チームは、creditcoinトークンを使用してグローバル参加の枠と制限を取り除くことで、誰でも電子商取引による収益化を可能にすることに重点を置いています。 ブロックチェーンベースのネットワークにより、コンテンツ制作者、ブランド、出版社は、今日のインフラストラクチャおよび規制に対して、制限なく安全に相互作用することができます。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CCOIN
開始日時
2018-09-01
終了日時
2018-12-31
調達金額
3,000 ETH
最高目標
40,000 ETH
トークン供給数
70,000,000
公式サイトへ Owner of Creditcoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, USD
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Days 1-2 - 20%
  • Phase 1 - 15%
  • Phase 2 - 10%
  • Phase 3 - 7,5%
  • Phase 4 - 5%

概要

Creditcoin(CCOIN)は、P2P、アフィリエイト&コンテンツ駆動のマーケットプレイス&小売業者との不可避の運命を仮想通貨の主流採用にするため、特許保留機能を備えた堅実なビジネスモデルを支持しています。

Shopify、Magento、Instagram、WeChatなど、パワーリテーラー、マーケットプレイス&セールスチャネルをサポートする主流のネットワーク採用により、市場は勢いを回復し続けるでしょう。

Flatlay Rewards Systemは、ブランドワークフロー管理のためのダッシュボードをアフィリエイトインセンティブを伴うプロモーションキャンペーンに組み込み、CCOINで一貫した報酬支払いが行われ、プールに再寄付することを保証します。

毎日の顧客がプラットフォームからの発見と購入を開始するにつれて、CCOINの導入の最大の可能性が生じます。Flatlayインタラクティブカードは、ウェブとソーシャルエイドの間でコインプールへの寄付で共有されました。

影響者キャンペーンは、その属性技術のためにFlatlayを使用して公開され、インフラコンテンツのマーケティングであるハイパーグロースセグメントの相当量を主張します。 2018年までに米国で10億ドルを超える見込みです。

他の仮想トークンと比較して、Flatlayは、10kを超えるコンテンツ制作者、3kブランド、数百の小売業者からなるコミュニティが確立された実行可能なプラットフォームであり、CCOINの使用法の採用で即時の価値を提供します。

Flatlay ICOへの貢献度が高ければ高いほど、既存の影響力のあるコンテンツクリエイターとブランドをプロモーションマーケティングに提供するインセンティブが増えます。このように、100mm以上のフォロワとファンの統合された社会宇宙を介して、プラットフォームのウイルスの成長を直接点火します。

電子商取引の世界的な民主化を支援するFlatlayの使命。チームは、グローバルなコラボレーションを妨げる制限を取り除くことで、誰でもアクセスできるようにすることに重点を置いています。ブロックチェーンにより、コンテンツクリエイター、ブランド、出版社は、今日廃止されたインフラストラクチャと従来の規制との制約を受けずに安全にやりとりすることができます。ユーザー生成商取引の新しい時代を開始するときに私たちと一緒に参加してください。

チーム すべてを見る

Ali Sammour
Ali Sammour
Founder & CEO
Morteza Nokhodian
Morteza Nokhodian
Founder CTO
Yasir Hossain
Yasir Hossain
Founder UXUI Architect
Tony Chaw
Tony Chaw
Full Stack Solidity Developer
Sandra Rausch
Sandra Rausch
Marketing & Community Relations
Thomas Marchesello
Thomas Marchesello
Advisor

人気ICO記事

  • AeronのARNトークンがEOSのエコシステムで利用可能に

    ブロックチェーンを基盤とする革新的航空安全プロジェクト、Aeronは、その範囲をEOS経済圏まで広げ、Ethereum ERC20とEOS間の双方向トークンスワップを実現しました。それにより、このトークンの流動性は上昇し、市場におけるAeronの地位は強化されることになるでしょう。ブロックチェーン間のスワップ比は1:1で、EOSブロックチェーンで発行されたAeron(ARN)トークンは、Ethereumブロックチェーンでのトークンにより完全に変換できます。この大胆な手段を取ることで、ARN/EOSペアの即時交換やEOS経済圏により促進された利便性と革新性とともに、EOS分散型取引と換金オプショ
  • 今年やり残したことは、コミケに行けば見つかるかもしれない

    かどうかは、分かりませんが、一度はあの熱気を体感してみたいという方は多いのではないでしょうか。コイン相場ユーザーの皆さんにとって今回のコミケが良いきっかけになるかもしれません。一部のサークルにてコイン相場ウォレットで仮想通貨決済ができます。賛同いただきましたサークルの皆様ありがとうございます!参考:参考:▶︎コイン相場ウォレトに対応いただいたサークル様にこちらのPOPを提示いただいています。場所 :西地区ヨ31b対応通貨:BTC場所:東地区ヌ05b対応通貨:BTC , ETH , XEM場所:東地区ハ32a対応通貨:ETH (ERC20) / BTC / BCH / XRP / EOS
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!