Citowise - 世界中唯一のブロックチェーン・プラットフォーム

暗号支払いインフラストラクチャとビジネスグローバリゼーションプラットフォームの開発

STO/ICO基本情報

ステータス
失敗
トークン記号
CTW
開始日時
2018-10-15
終了日時
2018-12-15
調達金額
2,892 ETH
最低目標
20,000 ETH
最高目標
90,000 ETH
初回価格
1 ETH = 3888 CTW
トークン供給数
350,000,000
公式サイトへ Owner of Citowise?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率不明
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域• Kuba • Myanmar • North Korea • Iran • Syria • Ivory Coast
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Public pre-sale 15.08.2018-15.09.2018 - 30-50%
  • Public ICO 15.10.2018 - 15.12.2018 - 0-25%

概要

Citowiseはすでに、信頼性と専門性を備えた仮想通貨の財布を提供し、詐欺師やハッカーと戦ったり、大量の仮想通貨を採用したり、ICOプロジェクトの質を高めたりしています。 Citowiseは現在、ビジネスグローバリゼーションのイニシアティブを開始しています。 遠隔地の管轄の会社を買収し、リモートで実行するための専門的な支援を見つけることは、簡単にできます。ビジネスを海外に維持するコストと、グローバル化指向の起業家の時間を節約します。

チーム すべてを見る

Max Zab
Max Zab
CEO/CTO
Aleksandr Kents
Aleksandr Kents
CEO/CMO
Jaroslav Gorjachev
Jaroslav Gorjachev
Head of Engineering
Michael Burich
Michael Burich
Business Development
Enelin Paas
Enelin Paas
Head of communications
Jay Bharadhwaj
Jay Bharadhwaj
Project manager

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・