carboneum - 民主化ソーシャル取引プラットフォーム

Carboneumは、ソーシャル取引のための分散型インフラストラクチャとプロトコルを作り出しており、トレーダー同士が相互にやりとりして投資する方法に革命をもたらしています。 Carboneumは、ブロックチェーンを活用して、今日のソーシャルトレーディングシステムには欠けている透明性、自動化、公正な報酬の仕組みを促進することを目指しています。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
C8
開始日時
2018-06-25
終了日時
2018-07-08
最低目標
1,200,000 USD
最高目標
12,000,000 USD
初回価格
1 C8 Token = 0.1 USD
トークン供給数
120,000,000
公式サイトへ Owner of carboneum?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプUtility
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYCKYC
参加不可地域US, China
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - 8%

概要

プロのようなトレード

Carboneumプラットフォームでのソーシャル取引は、「リーダー」トレーダーの取引を学び、複製することで、どのユーザーも「フォロワー」トレーダーになれるようにします。これにより、投資家は取引を開始するための「ショートカット」を取ることができ、指導者の専門知識を活用し、独自で学習することはありません。

最適化された取引のための安全機能

当社の「安全ベルト」機能により、すべての取引に対して自動的にストップロスの注文を設定することができます。これは、価格が特定の事前設定価格に達した時点で有効になります。ストップロスの注文は、投資家の損失を最小限に抑えるように設計されています。なぜなら、一晩中監視し続けることを望んでいないからです。今すぐ安心して寝ることができます。

専門家から見て学びましょう

「Whale Watcher」機能は、投資世界の真の「クジラ」である数百万ドル相当の資産を管理するリーダートレーダーのポートフォリオを洞察します。これらの指導者に従うことによって、フォロワーは良い取引と悪い取引を区別することができます

チーム

Max Kortrakul
Max Kortrakul
Founder & CEO
Pavalin Masagee
Pavalin Masagee
Head of Business Development
Akadej Udomchaiporn
Akadej Udomchaiporn
Head of Research
Artiya Thinkumpang
Artiya Thinkumpang
Core Developer
Masashi Yonezawa
Masashi Yonezawa
Business Development

人気ICO記事

  • 韓国版でもAirDorpQが実現!「コイン相場」開発週報 Vol.23

    paypayの衝撃ヤバいっすね。私もビッグカメラ行きます!!さて先週はアプリの改良を続けました。ニュース機能はよりソート精度を上げているのでアップデートをお楽しみください。複数の詳細画面をウォッチリストに戻ることなく見れるようになります。操作が1つ減るだけですがこの小さな違いが大きな違いです!!仮想通貨の人気が日本より熱い韓国ユーザーからの要望に応えました。現在2週間ほどかけて韓国で複数のブロックチェーン企業を訪問しています。有意義な話がたくさんできました。詳細は乞うご期待!
  • 世界初の投資家たちとともに作った仮想通貨取引所 : ビットニア

    既存の取引所が公開しようとしない部分まで公開し"最高の透明性"を目標に登場した新規仮想通貨取引所ビットニア (BTCNIA)ビットニアは最初から格別です。 1年以上、仮想通貨コミュニティを運営してきたTEAM KCSは開発段階から企画やコンセプトを公開し、コミュニケーションを通じてコミュニティと共に作り出した取引所です。 取引所運営のすべての部分を隠さず投資家に公開するという点で独自性を強調し、非倫理的で不道徳な経営で崩壊しつつある仮想通貨市場を正すという彼らの切実な願いを込めて作りました。 彼らの取引所トークンであるニア (NIA) は従来のICOになかったボーナスオークション方式で進められ
  • HIVEHack 〜君ならブロックチェーンで世界をどう変える?〜

    イベントURL 今、急速に成長しているブロックチェーン市場…ブロックチェーンが既存のビジネスやボランティア、様々な枠組みに与える影響はとても大きい。最近になってようやくブロックチェーンが話題となり具体的なユースケースなどが考え始められてきた。しかし、ユースケースを考えるだけではなく、実際にコードベースで動くプロダクトはまだまだ出て来ていない。そこで、地理的にも日本の中心に位置するここ大阪に様々な豪華なゲストとともに日本中のブロックチェーンエンジニアを集結させ今までにない規模のハッカソンを開催する。日本のブロックチェーン業界を技術的に牽引しているリーダー達をゲストにお迎えしてブロックチェーンと