carboneum - 民主化ソーシャル取引プラットフォーム

Carboneumは、ソーシャル取引のための分散型インフラストラクチャとプロトコルを作り出しており、トレーダー同士が相互にやりとりして投資する方法に革命をもたらしています。 Carboneumは、ブロックチェーンを活用して、今日のソーシャルトレーディングシステムには欠けている透明性、自動化、公正な報酬の仕組みを促進することを目指しています。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
C8
開始日時
2018-06-25
終了日時
2018-07-08
最低目標
1,200,000 USD
最高目標
12,000,000 USD
初回価格
1 C8 Token = 0.1 USD
トークン供給数
120,000,000
公式サイトへ Owner of carboneum?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプUtility
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYCKYC
参加不可地域US, China
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - 8%

概要

プロのようなトレード

Carboneumプラットフォームでのソーシャル取引は、「リーダー」トレーダーの取引を学び、複製することで、どのユーザーも「フォロワー」トレーダーになれるようにします。これにより、投資家は取引を開始するための「ショートカット」を取ることができ、指導者の専門知識を活用し、独自で学習することはありません。

最適化された取引のための安全機能

当社の「安全ベルト」機能により、すべての取引に対して自動的にストップロスの注文を設定することができます。これは、価格が特定の事前設定価格に達した時点で有効になります。ストップロスの注文は、投資家の損失を最小限に抑えるように設計されています。なぜなら、一晩中監視し続けることを望んでいないからです。今すぐ安心して寝ることができます。

専門家から見て学びましょう

「Whale Watcher」機能は、投資世界の真の「クジラ」である数百万ドル相当の資産を管理するリーダートレーダーのポートフォリオを洞察します。これらの指導者に従うことによって、フォロワーは良い取引と悪い取引を区別することができます

チーム

Max Kortrakul
Max Kortrakul
Founder & CEO
Pavalin Masagee
Pavalin Masagee
Head of Business Development
Akadej Udomchaiporn
Akadej Udomchaiporn
Head of Research
Artiya Thinkumpang
Artiya Thinkumpang
Core Developer
Masashi Yonezawa
Masashi Yonezawa
Business Development

人気ICO記事

  • ウォレットの復元について

    新しいスマホで新規作成すると、以前のスマホでウォレットにアクセスできなくなりますので、以前のスマホにデータが残っている方は新規作成をしないでください。ウォレット画面右上からシークレットキー(バックアップキー)をバックアップしてください1. 右上のボタンをタップ 2. シークレットキー(バックアップキー)をタップ3. シークレットキーをコピーウォレットを復元したら、以前のスマホではウォレットにアクセスできなくなるのでご注意ください。
  • アリババコイン世界9か所の主要取引所の取扱通貨一覧表に掲載され、ユーザーによる取引がより便利に

    は、財団発行の通貨ABBC コインが世界9か所の主要取引所の取扱通貨一覧表に掲載されたことを発表いたします。アリババコイン財団CEO ポール・フィリップとそのチームのメンバーは、より多くのユーザー獲得、ABBC コインでの取引の便宜向上のため、世界の取引所の取扱通貨一覧表へのABBC コイン掲載を目指し常に業務に取り組んでまいりました。今やABBCコインはBitforexC、oinsuper、Coinbene、Ooobtc、Dragonex、Idax, Topbtc、Rightbtc、Sistemkoinの取扱通貨一覧表に掲載されています。すべてのコミュニティメンバー、ユーザー、アリババコイ
  • IOV -- ブロックチェーンを人類の手元にもたらす

    「弊社は公平性、透明性、信頼という価値を体現する未来を築き上げることを希望しています。今のところ暗号通貨の世界はあまりにも複雑です。普及に至るためには、ブロックチェーン技術へのアクセスが簡単かつシームレスなユーザーエクスペリエンスである必要があります」。「暗号通貨利用の普及に取り組むうえでの大きな問題として、トークントランザクションの実行が難しい点が挙げられます。エンドユーザーが実際に利用する際の観点からは、従来のブロックチェーンプラットフォームは、とりわけウォレットアドレスに関するユーザーエクスペリエンスの問題を解決できていません。例えば、暗号通貨取引の際にかなり頻繁に発生する問題として、