Blackboxは分散型仕事の未来を創造するために力を合わせている博士、役員、技術者のグループです。 Blackboxトークンは、分散したビジネスオペレーティングシステムとして人、チーム、およびプロジェクトを管理するために使用されます。 ブラックボックスのデリバティブバリューポイント(DVP)プロポーザルプロトコルは、経済的要因の影響を受けず、料金、政治、およびその他の伝統的な組織の膨張がないプラットフォームになります。 このプロトコルは、悪意のある要素を排除し、共益を追求する人に報酬を与えます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BBOS
開始日時
2018-06-26
終了日時
2018-09-27
最低目標
1 Eth
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
1 BBOS = 0.16 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Blackbox Foundation?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率34.58%
KYCKYC
参加不可地域U.S.A. and China
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Sold on Pre-Sale - 50%

概要

ビジネスオペレーティングシステム。 未来の仕事を管理する分散プラットフォーム。 ブロックチェーン上に構築される次世代の労働者に権限を与え、人間の価値を高めるるより効率的で実用的な形の「仕事」。

チーム すべてを見る

Jason J Sosa
Jason J Sosa
Founder/CEO
Benjamin Stewart
Benjamin Stewart
Co-Founder/CTO
Bob Goodman
Bob Goodman
Board Member
Tom Bowles
Tom Bowles
AI/Deep Learning
Shahid Chishty
Shahid Chishty
Operations/Finance
Matthew Knapp
Matthew Knapp
Marketing

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常